全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

北洋銀行釧路エリア企業マッチングでシカ肉のレトルト商品化【厚岸】

商品開発した高島社長、織田支店長、シカ肉を提供した西尾社長(左から)

 【厚岸】北洋銀行の釧路エリア支店同士が取引先の商品や技術をマッチングし完成させたレトルト食品「蝦(え)夷(ぞ)鹿(しか)肉のアヒージョ」が完成し25日、厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」で発売された。商品は総合展示販売コーナーに並べられ、午前10時の開店を1時間繰り上げ同9時に開店。1時間ほどで30箱が売れるなど好調な売れ行きのスタートとなった。

 同行の釧路エリアは釧路ブロックと称され8支店があり、毎月ブロック内の支店長が集まり、情報交換などするブロック会議が開かれている。この中で、同ブロック独自の取り組み「釧路地区の明日をきり開く」と題した2022年度統一運動を展開。「銀行マンは``営業マン、、」とし、毎回各店持ち回りで取引先の商品や技術などをプレゼンし、ブロック内のマッチングを目指している。

 同商品はマッチング事例の第1号で、昨年8月のブロック会議で厚岸支店の松山啓一支店長が町内でレトルト食品などを製造する高島食品(高島昭一社長)のプレゼンを実施。根室支店(龍田秀和支店長)がそれに応え、取引先で根室市内で養鹿場を保有し、シカ肉加工するユック(西尾裕司社長)を紹介。商談を繰り返し、高島食品がユックから原料となるシカ肉のサンプルを受けながら商品開発し、今月に入り2社のコラボ商品が完成した。

  使用しているシカ肉は根室市内で捕獲された2~5歳までのものを使用。シカ肉をガーリック、レモンソース、オリーブオイルで煮込んだ。内容量は160㌘で、価格は1箱864円。

 西尾社長(60)は「加工品は自社で作っていないので、地元での商品化は感激した。大変ありがたかった」と述べ、高島社長(57)は「シカ肉本来の味を壊さないよう開発するのに苦労した。今回、北洋銀行に場を設けてもらい大変ありがたかった」と感謝した。同行の釧根地区を統括する釧路中央支店の織田亨常務執行役員支店長は「今回の取り組みが地域金融機関として、地域の皆さんのお役に立てれば幸いです。引き続き、ビジネスマッチングを行っていきたい」と話していた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク