全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

荘内病院と国立がん研究センター東病院 遠隔による腹腔鏡下手術実施

 鶴岡市立荘内病院(鈴木聡病院長)と国立がん研究センター東病院(千葉県柏市、大津敦病院長)は26日、リアルタイムの映像通信を活用した遠隔支援システムで腹腔(ふくくう)鏡下手術を実施したと発表した。荘内病院での手術映像を東病院の専門の外科医が同時に確認し、口頭や図示で支援するもので、両病院による遠隔支援は今回が1例目。地方の患者にとって専門医のいる遠隔地の病院への移動に伴う身体的、経済的負担の軽減、医療の選択肢拡大につながることが期待される。

 2020年7月に両病院が締結した医療連携に関する協定に基づく取り組み。札幌医科大の教授らが共同開発した遠隔手術指導システムを利用し今月初旬、大腸がん患者の60代女性を荘内病院で手術した。

 インターネット回線を使い、内視鏡が映す映像を両病院で共有し、内視鏡手術の技術認定を受けている専門医が口頭や専用モニターの画面上に指示線を書き込むなどして支援。荘内病院では手術映像を映すメインモニターのほかにサブモニターを設置し、東病院からの指示を参考に手術を実施した。今回使用したシステムの平均タイムラグは0・027秒で、高速通信・映像技術と両病院の連携で、手術は安全に行われ、患者の術後の経過も良好という。

 遠方の専門医と連携した「遠隔アシスト手術」について、両病院は▽患者の負担軽減と選択肢の拡大▽先進事例に触れることによる若手外科医の教育機会の拡大―などにつながると説明。医療連携による今回の手術は全国でも先駆的事例となり、両病院は対象疾患の拡大なども視野に入れて実績を重ね、地域のがん医療支援モデルの確立と普及を目指すとしている。

荘内病院ではモニターを通して支援を受けながら手術を実施(荘内病院提供)

東病院では専門医が口頭やモニターへの指示線図示で手術を支援した(国立がん研究センター提供)

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク