全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

小学生らGペン手に真剣 能代市で「初級まんが教室」

釣りキチ三平の人気キャラ・三平やゆりっぺを描いた「初級まんが教室」

 能代市二ツ井公民館の「冬の体験教室・初級まんが教室」は26日、同公民館で開かれた。漫画をテーマにした教室はこれが初めてで、参加した小学生たちは描く時の基本テクニックを教わり、読む面白さに加えて作画する楽しさも感じていた。
 同教室は、同公民館が冬休み期間中に開催している恒例の講座。この日は、二ツ井小の児童7人が参加。横手市増田まんが美術館を運営する同市増田まんが美術財団の近野愛美さんと藤原果穂さんが「特別ワークショップ・ペン入れ体験」を指導した。ペン入れは、同美術館初代館長の矢口高雄さんの代表作「釣りキチ三平」の人気キャラの三平とゆりっぺのうちのどちらかを描く内容で、子どもたちは多くの漫画家が愛用するGペンを初めて手にして作画した。
 あらかじめ大まかな下絵が描かれている漫画用原稿用紙に向かった子どもたちは、人物の形を作る「主線」は太くして、顔や髪、服のしわなどの線は細く強弱をつけて描くとメリハリが出ることなど、細かいテクニックを教えてもらいながら丁寧に線を描き、「細い線を入れるところが難しい」と話したり、プロのように原稿用紙を回転させたりしながら根気よくペンを走らせていた。
 参加した安井千夏さん(1年)は「漫画が好き。特に好きなのはドラえもん」と話し、「(釣りキチ三平のキャラクターの)ゆりっぺを描くのは初めてだったけど楽しかった」と、指をインクで汚しながらも充実した表情を見せていた。
 近野さんと藤原さんによると、釣りキチ三平のキャラクターは「麦わら帽子や手に持っているカゴなどを細かい線で表現していて、ちょっと難しい部分もあるが、人の動きなどを表現するのにいい素材」だという。「Gペンを使う機会はあまりないので、まずは慣れることが大事。子どもたちはちょっとコツをつかむと上手に描けるようになる」と話し、漫画を描く楽しさを伝えていた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク