全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本別高吹奏楽部に新ドラムセット 法人会支部が寄贈

 部員5人に助っ人1人の6人で帯広地区のコンクールで好成績を収めて全道大会に出場した、本別高校吹奏楽部に大きなご褒美が贈られた。十勝池田地方法人会本別支部(朝日基光支部長)からドラムセット(約25万円相当)が寄贈され、楽器などを担当する男子生徒(3年)は「感謝の思いでいっぱい」と喜んだ。

朝日支部長(右)からドラムセットを寄贈された本別高校吹奏楽部の部員ら

今夏全道大会出場 大きなご褒美
 同部は3年生3人、2年生2人、ピアノの助っ人1人で、7月に帯広地区吹奏楽コンクールの高校C編成(25人以下)の部に出場。異例の少人数ながら、途中で楽器を持ち替えるなど1人2役で音の少なさをカバーした。市販の譜面では演奏できないため、顧問の河西未来生(みきお)教諭が知り合いの若手作曲家下田和輝さん(宗谷管内利尻町在住)に事情を説明して依頼し、豊頃町大津の海岸に打ち上げられる氷塊「ジュエリーアイス」をイメージした曲を作ってもらった。

 練習を重ねた結果、同コンクールで金賞を受賞し、帯広地区の代表校に選ばれた。12年ぶり4度目の出場となった札幌市のコンサートホールKitara(キタラ)で行われる道コンクールでは銀賞に。

 十勝池田地方法人会本別支部は毎年、社会貢献活動の一環として福祉施設や教育機関などに寄贈している。同部の活躍を知り、同校に打診し、要望を受けてドラムセットを贈った。朝日支部長は「皆が頑張っていて何かしたいと思った。本別高校の吹奏楽部がますます盛んになれば」と期待する。女子生徒(2年)は「以前は古くてチューニングも合いにくかったのでうれしい。しっかり練習してうまくなりたい」と目を輝かせる。

 10日に贈呈式が行われ、大泉瑚凛部長(3年)は「地域の人たちからの寄贈は、自分たちの前の世代から積み重ねたものが形になったということ。後輩が継いでいってくれると思う」と話した。同校の松田素寛校長は「今後の活動の励みになる。ありがたいこと」と感謝していた。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク