全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

五感で感じる奄美の森 生態系への理解深める 龍郷町子ども博物学士講座

葉に当たる雨の音や土の匂いを感じながら、森の散策を楽しんだ参加者=17日、鹿児島県龍郷町の奄美自然観察の森

 奄美の自然や文化を学び感性を育む鹿児島県龍郷町の「子ども博物学士講座」が17日、同町の奄美自然観察の森であった。「五感で感じる奄美の森」をテーマに、親子ら64人が雨の森を散策。動物の鳴き声や生い茂る植物など豊かな自然を体いっぱいに感じながら、奄美の森の生態系について学び理解を深めた。

 同町では地域ぐるみ青少年育成事業として2005年から毎年、小中学生を対象に「子ども博物学士講座」を実施している。今回は22年度の第5回(全7回)。

 講師は自然観察指導員の川畑力さんと納明朗さん。「普段は気付かないものを、五感を集中させて探してみよう」と呼び掛けた。子どもたちはシイの実を割って味わってみたり、池の中のシリケンイモリを観察したり、大きなクワズイモの葉に触れてみたりと元気いっぱいに森を探検。アコウやガジュマルは他の樹木を絞め付け枯らせてしまうことから「絞め殺しの木」と呼ばれることや、シイの木が森の動植物に衣食住を提供する大切な存在であることなども学んだ。

 川畑さんは「海も山も川もすべてつながっている。小さなことでもいい、一人ひとりが自然を守るために出来ることを実践して、豊かな自然を未来へつないでいこう」と語り掛けた。

参加した子どもたちは「アコウの『絞め殺し』という名前にびっくりした」「ヤッコソウを見つけた」と笑顔で話した。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク