全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ民族博物館でテーマ展 開業までの全容紹介 白老

白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)中核施設の国立アイヌ民族博物館(佐々木史郎館長)で、第3回テーマ展「ウアイヌコロ コタン アカラ 民族共生象徴空間(ウポポイ)のことばと歴史」が開かれている。ウポポイができるまでの経緯や開館準備の全容、アイヌ語を第1言語とする同館の案内表示に懸ける思いなどが余すところなく紹介されている。会期は来年2月12日まで。

博物館設立準備室の様子を再現したブース

 展示は3部構成。第1部「ポロトの歴史と、ウポポイができるまで」では、同町のアイヌ文化を紹介していた施設ポロトコタンの歴史や、同館の前身で現在は管理運営施設になっている旧アイヌ民族博物館の活動を年表、模型、ポスターなどで説明している。

 第2部「ウポポイのアイヌ語」では館内の案内表示に注目。「プラザ展示」「関係者以外立ち入り禁止」などの日本語を、アイヌ語で表現する方法を模索し検討を重ねてきた様子や、施設内の各所で見られるアイヌ語の案内の意味などをパネルや写真で解説している。

 第3部「博物館設立準備室での試み」では、北海道大学の一角に設置された博物館設立準備室の様子をそのまま再現。展示の工夫や床材、壁材などにもこだわった関係者の情熱が伝わる内容になっている。エピローグでは「ポロトコタン最後の一日」をテーマとした22分間の映像を紹介。所蔵資料計約60点を展示している。

 同館の担当学芸員は「ウポポイ開業の背景や、言葉一つ一つに込めた思い、意義を感じてもらえたら」と話している。

 18日午後1時45分から、同館2階でオープニングイベントを開催。24日午後1時半からは、同会場で佐々木館長のギャラリートークが行われる。来年1月15日午後1時半からは、文化庁アイヌ文化振興調査官の内田祐一氏によるトークイベントを予定している。いずれも観覧無料だが、ウポポイの入場料が必要。参加の申し込みは当日受け付ける(先着順)。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク