全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「奄美大島要塞跡」国指定史跡に 瀬戸内町「国防と関連密接、重要」

瀬戸内町地図

 国の文化審議会は16日、鹿児島県瀬戸内町に残る旧日本陸軍の軍事遺跡「奄美大島要塞(ようさい)跡」を、国の史跡に指定するよう文部科学大臣に答申した。指定される遺跡は「西古見砲台跡(にしこみほうだいあと)」(同町西古見)、「手安弾薬本庫跡(てあんだんやくほんこあと)」(同町手安)、「安脚場砲台跡(あんきゃばほうだいあと)」(同町渡連)の3遺跡。瀬戸内町初の国指定史跡となり、要塞跡が国指定史跡となるのは全国でも2例目。

 16日に開かれた国の文化審議会文化財分科会の審議、議決を経て答申された。官報に告示され正式に国指定史跡となる。

 要塞とは、戦略上重要な地点に設けられる防衛を目的とした軍事施設。奄美大島要塞跡は▽大島海峡付近に遺構が集中的に残存し、要塞全体の理解が可能なこと▽ワシントン海軍軍縮会議や太平洋戦争の開始など、近代日本の国防施策と密接に関連する遺跡群であること―などが評価され、「重要な遺跡群」と認められた。

 奄美大島要塞跡は、1921(大正10)年から奄美大島側と加計呂麻島、江仁屋離島に建設された旧陸軍の要塞跡。瀬戸内町教育委員会が2014年から行った調査で判明しただけでも、町内に52遺跡が確認された。今回指定されたのはそのうちの3遺跡。

奄美大島要塞のすべての砲台用の弾薬を保管していた「手安弾薬本庫跡」の入口=13日、鹿児島県瀬戸内町手安

 文化審議会によると、1918(大正7)年に帝国国防方針が改定され、海軍は全艦隊を奄美大島付近に集中させ、小笠原諸島を哨戒線とする方針とした。これに呼応し陸軍が要塞建設を開始。ところが直後にワシントン海軍軍縮会議で工事は中止に。その後31年ごろから弾薬庫や砲台が順次建設されていった。

 発掘調査に携わった同町教委の鼎丈太郎主査は「これだけの規模の要塞跡が現存しているのは全国的にまれ」と話し、「建設には当時多額の費用が投入されたことも調査で判明した。国策としてどれほど力が入っていたか、戦況の変遷も知ることができる」と分析する。

弾薬本庫の内部。洞窟式で二重構造となっている=13日、鹿児島県瀬戸内町手安

 「西古見砲台跡」は大島海峡の西口を、加計呂麻島の「安脚場砲台跡」は大島海峡の東口を、それぞれ監視し防衛する任務を担っていた。古仁屋に近い「手安弾薬本庫跡」は奄美大島の要塞すべての砲台用の弾薬を保管する弾薬庫で、運搬上の利便性を考えて地域の中心部に建設されたと考えられている。

 国史跡指定の答申について、鎌田愛人瀬戸内町長は「答申により、国として守るべき文化財であるとの評価を受けたことになる。未来へ残していけるよう、地域活性化や観光資源として保存・活用していきたい」とコメントした。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク