全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

自在に泳ぐ魚たちに歓声上がる 新「バーチャル水族館」披露

大勢の子どもたちでにぎわう「バーチャル水族館」

 酒田市の県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)のITサイエンス部員による「バーチャル水族館」が16日、遊佐町子どもセンター「わくわく未来館」で開幕。17日(日)までの2日間、参加者自ら描いた魚介類がセンター内壁面を泳ぐ。初日午前から大勢の子どもたちが訪れ、大きな歓声を上げた。

 同校情報科は昨年度まで3カ年、高度な知識・技能を身に付けた社会の第一線で活躍できる専門的職業人育成を目的にした文部科学省「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)」の指定を受け、生徒たちは高度情報テクノロジーの習得、システム創造力の育成を図った。

 「バーチャル水族館」はスキャナーで取り込んだ絵画をパソコンで編集し、プロジェクターで投影するもの。SPHの一環として一昨年、酒田市産業フェアに出展し、好評を得た。このシステムを基に昨年、当時の1、2年生部員がシステムを再構築。今年は新たに背景などを作り直した。

 イベントは、多くの人から喜んでもらうことを通し、情報技術者を目指す生徒から意識高揚を図ってもらおうと、同校が同センターの協力で昨年に引き続き企画。スクリーンとなった縦約3メートル、横約10メートルの白色の壁面に、幼児・児童が色塗りした魚やイカなどが大きく映し出され、自在に泳ぎだすと「出てきた」「私のイカだ」などと歓声を上げ、追い掛け回していた。

 同部の齋藤百花副部長(2年)は「昨年より準備期間が短かったため、大変だった。自分たちの作製したもので喜んでもらい、とてもうれしい」、指導する湯澤一教諭(情報科長)は「3年にわたって取り組み、ノウハウもたまってきた。今後さらに技術を向上させていきたい」と話した。

 バーチャル水族館は17日午後2時半ごろまで。参加費無料。同部は今年の市産業フェアにも「バーチャル水族館」を出展。さらに秋田市で開催される全国産業教育フェアでも披露することにしている。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

紀伊民報社

山の恵みに行列 備長炭公園で山まつり

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」で2日、「山まつり」があり、物産市や備長炭の窯出し体験など、多くの来場者でにぎわった。備長炭での焼き鳥やぼたん汁には行列ができた。  旧暦の1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク