全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳―台北線に新規就航 スターラックス航空 1日1往復

台湾の新興航空会社スターラックス航空は28日、新千歳―台湾・台北線に新規就航した。新型コロナウイルス感染拡大後、新千歳の国際線に新規就航するのは、16日のタイガーエア台湾(台湾)に次いで2社目。初日は円安を反映するように、台湾からの観光客の姿が目立った。

台湾からの観光客が到着=28日、新千歳空港

 同社は2020年に運航を始めたフルサービスキャリア。これまで拠点の台北と日本の間で、成田、関西、福岡線を就航している。コロナ水際対策の緩和を踏まえ、この日、新千歳―台北線、那覇―台北線を同時に新規就航した。

 新千歳はエアバス321neo型機(188席)を使用し、同日から毎日1往復する。同社は「北海道は冬の観光シーズンを迎え、12月からは予約状況も好調。今後は増便や機材の大型化も検討したい」と展望する。

 28日は台北からほぼ満席の180人が利用し、北海道エアポートや北海道観光振興機構の従業員らが、歓迎の横断幕を掲げて華やかに出迎えた。折り返しの台北行きには91人が乗り、同社によると出入国のいずれも台湾の観光客が中心だった。

 団体ツアーで北海道を訪れた黄玉如さん(56)は「新規就航の飛行機に乗れて光栄。コロナで3年旅行できなかったが、日本が大好き」と笑顔。同社は「円安の問題がクリアされれば、北海道からの需要も見込める」と期待している。

関連記事

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク