全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「パラコレ」全国へ 帯広発の障害者ファッションショー

昨年11月に帯広で初開催された「パラコレクション」の様子。反響が大きく、全国での実施につながった

 日本理美容福祉協会帯広センター代表の森田浩幸さん(56)=帯広市=が昨年11月、帯広で初開催した障害者のファッションショー「パラコレクション」が、全国に広がりを見せている。今後、全国6カ所で開かれる予定で、森田さんは「障害者理解の振興を目指すとともに、パラコレモデルがショーで自信を得て、自立への一歩を踏み出してくれれば」と話している。

横浜や名阪で
 正看護師の資格を持つ森田さんは、同協会の教育担当理事、全国講師会会長として、身体介助が必要な人などに対応できる「福祉理美容士」の養成に取り組んでいる。

 「障害は個性の一部。それがきっかけで活動を制限してほしくない」との思いがあり、「当事者が個性を出し、おしゃれの楽しさを味わうことで人前に出ていけるようにしたい」とファッションショーを企画した。帯広で開かれたショーでは、車いす利用者の男女3組がウエディングドレスや着物を着て登場。参加者からは「かわいいドレスを着て楽しかった」と好評で、約100人が来場するなど大きな反響を呼んだ。

 協会関係者や森田さんと交流のある人たちが「パラコレを開きたい」と意欲を示し、今年12月には横浜市、2023年は札幌市と大阪市、24年は和歌山市、25年は名古屋市、滋賀県米原市での開催が決まっている。

 森田さんは「パラコレクション」を昨年12月に商標登録に出願、今年9月に商標登録された。「モデルになった当事者がパラコレモデルという称号を得ることで、本場のパリコレモデルのように社会で活躍し、それが当たり前になる世界になってほしい」と願う。

 森田さんはイベントを総合的に監修する主宰者の立場。主催は各地の団体が行うが、さまざまな分野や形式でのショーになることに期待を寄せる。「最終的には全国のパラコレモデルが集まり、東京の日本武道館で多様性に富んだパラコレクションを開催したい」と大きな夢を描いている。

 パラコレの問い合わせは森田さん(090・1386・6311)へ。

「パラコレをきっかけに、障害がある人が自信を得てほしい」と話す森田さん

関連記事

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

黄金畑に堂々コンバイン 小麦 芽室で早くも収穫開始

 秋まき小麦の収穫が十勝管内で始まっている。今期は春以降、好天に恵まれて全域的に生育が順調。農業者からは「昨年よりさらに早い作業開始」との声も聞かれ、14日も、黄金色に輝く小麦畑をコンバインが...

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク