全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マガン一斉「ねぐら立ち」 ウトナイ湖 秋の渡り鳥シーズン迎える

苫小牧市植苗のウトナイ湖で秋の渡り鳥のシーズンを迎え、多くの水鳥が水辺で羽を休めている。夜明けとともにガン類が一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」は、この時期ならではの光景で、日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリによると、11月上旬まで観賞を楽しめるという。

一斉に飛び立つマガンの群れ=12日午前6時20分ごろ

 ウトナイ湖は、繁殖のためにロシアなどで過ごした水鳥が、越冬地の本州に向かう途中の貴重な「休憩地」。同サンクチュアリによると、今年は9月中旬からマガンやヒシクイが湖に姿を現し、10月上旬からコハクチョウも飛来。日中に約5000羽が確認された日もある。

 12日のまだ薄暗い早朝、湖畔のイソシギのテラスからは、マガンの大群が対岸で休む姿が見られ、「キャハハン、キャハハン」と特有の鳴き声が響き渡った。東の空が朝焼けに染まりだすと、鳴き声はさらに大きくなり、群れが餌を求めて次々と飛び立った。

 同サンクチュアリの瀧本宏昭レンジャー(35)は「春に比べると秋は群れが分散して動く傾向があり、日中も湖上に残っていることがある」と説明。湖の周りではアカゲラやシジュウカラ、ノビタキ、エナガなども林を元気に飛び回っており、「いろいろな鳥を見るよい時期」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク