全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

定期観光バス開通 JR札幌駅 ― ウポポイ 来町者増加に期待 白老

JR札幌駅と白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)をつなぐ、定期観光バスが運行している。北海道中央バスの世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」を巡るコースの一つで、今季は10月30日まで1日1便運行。同町の観光関係者は、来町者の増加につながることを期待している。

ウポポイに到着したバスから降りる乗客

 中央バスの世界遺産を巡るコースは二つあり、札幌と白老を結ぶのは「縄文遺跡キウス周堤墓&白老ウポポイ&仙台藩白老元陣屋資料館見学コース」。最大乗車人数は22人で、運行は23日に始まった。

 初日は道内外から9人のツアー客が乗車。JR札幌駅を出発し、道央自動車道を経由して千歳市のキウス周堤墓群を見学。この後、白老町に入った。町森野のレストランKANTOで昼食を取り、ウポポイで国立アイヌ民族博物館や体験交流ホールを巡り、仙台藩白老元陣屋資料館を訪れた。

 町内の観光関係者によると、定期観光バスの構想はウポポイ開業前からあったが、コロナ禍で運行開始が遅れていた。アイヌ民族文化財団の誘客広報担当者は「札幌からの訪問手段の選択肢が増えた。定期観光バスの活用を通し、足しげく通ってくれる人が増えたら」と期待を寄せる。ウポポイでツアー客の水先案内人を務めた白老おもてなしガイドセンターの岩城達己代表は「秋になれば町内でサケの遡上(そじょう)も見られるようになる。白老の魅力発信とアイデアの提案も積極的にしていきたい」と目を輝かせた。

 大人7600円(昼食代などを含む)。運休は9月19日、10月10日を除く毎週月曜と9月20日、10月1~7日、10月11日。乗車には、北海道中央バスのホームページなどから予約が必要。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク