全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ニホンミツバチ「分家」喜ぶ 保護活動続ける下村さん

ニホンミツバチの群れを別の巣箱に入れる下村勤さん(11日、和歌山県みなべ町高野で)

 和歌山県紀南地方で、ニホンミツバチが巣分かれをする時季を迎えた。みなべ町高野の下村勤さん(78)方でも11日、巣箱で飼っている群れから新たな群れが分かれた。下村さんにとっては2年ぶりで、ハチが増え「分家」が誕生したことを喜んでいる。

 ニホンミツバチは、新しいハチの誕生によって巣が手狭になると、春から夏にかけ、群れの半分ほどが新女王を残して古い女王蜂とともに別の巣に移る。ハチを飼育する愛好者は、その機会に巣を出た群れを巣箱に誘い込み、飼うハチを増やしていく。
 下村さんは父親から引き継ぎ、十数年前からハチを飼うようになった。梅の主力品種「南高梅」に実をならすために受粉させるのが目的だ。
 11日は午前10時ごろ、自宅前の梅畑に置いている巣箱から群れが飛び出し、梅の木につるした板に重なり合って固まった。板はハチが好むという桜の木皮を使っており、ハチの固まりは見事な球形になった。その群れを下村さんが、道具を使って新しい巣箱に移し替えた。
 下村さん方では昨年、巣箱5箱に入っていた群れが、全ていなくなった。理由は分からないという。その後、知人から群れを譲ってもらった。今年は1週間ほど前に初めての巣分かれがあったが、その場に居合わさなかったことから、どこかへ飛んで行ったという。
 下村さんは2020年2月、飼育仲間8人で住民団体「ビーフォレスト・クラブみなべ百年の森」を結成し、巣箱を作って設置するなどしてニホンミツバチの保護活動を続けている。
 雑木林が少なくなっていることやスムシ、スズメバチ、アカリンダニなどによる被害で、減っているからだという。下村さんは「梅を育てるのにハチは欠かせない。今回、無事に分蜂できてよかった。来年以降も梅の栽培のためにハチを増やしていければと思う」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク