全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロシアとウクライナの国花 ヒマワリで笑顔広げる かざし電気

苫小牧市表町のかざし電気(嘉指基博社長)は今月、ヒマワリの種を市民らに無料で配る「祈世界平和 ひまわりプロジェクト」に乗り出す。まちをヒマワリの花でいっぱいにし、新型コロナウイルス禍が続くまちに笑顔を広げるとともに、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻終結を願う。全国の地域電器店が参加するプロジェクトで、嘉指社長(62)は「心を一つにし、一日も早く平穏な日常が戻るよう祈りたい」と話す。

チラシを手にプロジェクトをPRする嘉指社長

 全国の電器店でつくる「笑倍(しょうばい)繁盛絆之会」を運営する卸売業、南九州デジタル(鹿児島市)が、同会の加盟店を対象に企画した。

 「スマイルラッシュ」と呼ばれる、高さ50センチぐらいまで成長するミニヒマワリの種を1人1粒配布し、自宅などで育ててもらう。

 まずは400粒の種を用意し、顧客をはじめ、希望する市民に提供する。生育状況をSNS(インターネット交流サイト)上で共有し、種を受け取った人たちの交流の輪も広げたい考えだ。

 これまでもまちを元気づけよう―と、ふれあいサロンやビンゴ大会などを企画し、住民の交流を促してきたかざし電気。コロナ禍のまちに少しでも元気を―プロジェクト参加を決め、準備を本格化させた矢先、ロシアがウクライナに軍事侵攻するという衝撃のニュースが飛び込んできた。

 「ヒマワリはロシアとウクライナの国花。ヒマワリを通じ、世界平和への祈りを一つにできれば」と嘉指社長。プロジェクトをより多くの人に知ってもらえるよう3月、SNSなどでの情報発信もスタートさせた。

 種は15日ごろから店頭で配布予定。プロジェクトへの賛同者を増やし、町内会や商店会にも共感の輪が広がることを期待している。

 まちのあちこちに鮮やかな黄色い花を咲かせて市民の心を和ませると同時に、遠く離れたウクライナで苦しむ人たちに応援の気持ちを届けたい考えだ。

 種の配布やプロジェクトに関する問い合わせはかざし電気 電話0144(33)9108。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク