全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御柱祭下社山出し始まる 2日で8本車両運搬 長野県

2日間の日程で始まった下社山出し。注連掛に向けて最初に運ばれたのは春宮四、春宮三だった。御柱とともに難所の一つ「萩倉の大曲」に入った氏子たち

長野県の諏訪地域で、7年目ごとの寅と申の年に行われる諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)の下社山出しは8日、下諏訪町で始まった。曳き出し地点の棚木場から曳き着け地点の注連掛まで、8、9日の2日間をかけて計8本の御柱をトレーラーで運搬する。曳行順で運搬し、初日は春宮四、春宮三、秋宮二、秋宮四の4本が無事に注連掛に並んだ。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため人力での曳行を取りやめ、1200年以上にわたる御柱祭の歴史上初めてとなるトレーラーでの運搬を計画。トレーラーの前後には感染対策を徹底し、柱ごとに役員70人程度が隊列を組み、御柱とともに注連掛まで歩いた。

感染症対策のためマスク姿の氏子たち。地区の旗を先頭に、掛け声を合わせたり、おんべを振ったり、隊列の木やり衆が歩きながら木やりを披露したりと、それぞれの思いを胸に曳行路をたどった。

いつもの御柱祭なら曳行路が人であふれんばかりになる萩倉集落。感染症対策で、曳行路に立ち入らないよう求められていたこともあり、人の姿はまばらだった。住民たちは少しでも祭りの雰囲気を盛り上げようと、事前に各所に横断幕を掲示。当日も隊列に手を振ったり、敷地内から御柱を見送ったりした。

前回初日は氏子1万7000人、観衆5万9000人もの人出があった。今回は最大の見せ場「木落し」も中止となり、観客で埋まる観覧席もなく、ひっそりとした木落し坂前を隊列が進んだ。注連掛の高台へはクレーン2台で御柱を並べた。注連掛で柱ごとに神事を行い、少人数の木やりで締めくくった。

上社山出しに続き、初めての試みで行った下社山出し。大総代の一人は「コロナ下でも創意と知恵を出し合い、受け継いだものを次の世代に送っていくことが今のわれわれの使命」と話した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク