全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「帯広畜大の酒」卒業生全員に 「碧雲蔵」純米酒、学章入り

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」を運営する上川大雪酒造(上川管内上川町)は、今年度の同大の卒業生全員に碧雲蔵で醸造した純米酒を贈る。8日に同社の塚原敏夫社長が同大を訪れ、奥田潔学長に目録を手渡した。ラベルに学章が入った粋なプレゼントは、18日の卒業式で学生に配られる。

卒業生に贈る純米酒を手にする塚原社長(左)と奥田学長。ラベルには学章が入り、卒業証書入れに見立てた紙筒も用意した

 碧雲蔵は同社が十勝の企業らと「十勝緑丘(りょっきゅう)」を立ち上げて2020年春に開設。国内初となる大学内の酒蔵では、同社と同大が連携し日本酒造りの人材育成にも力を入れている。

 卒業生への日本酒寄贈は、コロナ禍で我慢の多い大学生活を余儀なくされた学生たちを応援しようと初めて企画。この春の卒業生314人(学部257人、別科8人、大学院49人)分を用意した。純米酒は畜大の学章が入ったラベルに「祝卒業」の金のシールが貼られ、卒業証書入れに見立てた緑色の紙筒に入った特別仕様となっている。

 奥田学長は「学章の入ったお酒をいただけることは本当にうれしい。学生たちは卒業しても碧雲蔵のお酒を飲むと信じている」と感謝を伝え、塚原社長は「こうした取り組みはこれからの地域振興の形で、学生の力と学長の熱意で成し遂げられた。末永くいいお酒を造り、卒業生たちが十勝を思い、学生時代のことを語り合ってくれたらうれしい」と話した。

 卒業生の家族へのプレゼントなどにも対応するため、18日から畜大生協で200本限定で販売もする。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク