全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

たくさんの支援に感謝 三種町・長信田太鼓 無観客ライブを配信へ

無観客ライブに向け練習に励む長信田太鼓のメンバー(三種町森岳で)

支援金を活用して修繕した和太鼓

 三種町森岳の長信田の森心療クリニックに通う若者たちによる「長信田太鼓」が、23日に町山本ふるさと文化館で無観客ライブを行う。寄せられた支援金で修繕した和太鼓を使用、支援してくれた人たちに向けて来月上旬にライブの模様をオンライン配信する計画。メンバーは熱演で恩返しをしようと、連日、練習に取り組み力強い音を響かせている。

 クリニックでは、さまざまな理由で不登校や引きこもりに陥った若者たちを対象に体験活動や共同生活を実施し、自立を支援している。長信田太鼓もその中の活動の一つで、平成21年1月に結成した。
 毎年単独ライブを開催してきたが、新型コロナウイルスの影響を受けて今年度は実現できないまま。ライブや地域での演奏によって活動資金を得て、太鼓の革を張り替える修繕費もやりくりしてきたが、町内外での催しの減少に伴って出演機会も激減した。
   こうした現状を知った町民有志らが昨年、「応援プロジェクト実行委員会」を立ち上げ、支援金を募るクラウドファンディング(CF)を実施。期間に設定した10月20日から12月5日までの募金総額は目標の150万円の2倍に迫る283万7千円(223人)に上った。
 支援金を活用し、大仙市の業者に太鼓の修繕を依頼。大太鼓、中太鼓、締め太鼓計6台に加え、所有する中で最も大きい直径3尺(約90・9㌢)の太鼓も修理した。
 現在のメンバーは10~30代の男女6人。23日のライブでは「絆響」「天・駆」「颯」といった、長信田太鼓で打ち継がれてきた9曲を演奏する。道場・錬成館での練習も追い込みで、エネルギッシュなパフォーマンスに磨きを掛けている。
 自らも演奏に加わる長信田太鼓代表の水野京子さん(51)は「CFを使った支援を受けたことで、改めて、長信田太鼓がたくさんの方々に応援されていることが身にしみて分かった。演奏はまだまだ未熟ではあるけれど、メンバーは責任感、使命感を持って取り組んでくれている」と話す。
 リーダーの柳原朋さん(17)=秋田市=は、長信田太鼓に参加し3年目。活動を通じて、かつての自分にはなかった「感謝の気持ち」を持てるようになったという。柳原さんは「コロナの影響で演奏の機会、メンバーにとっての成長の場が一気に減ってしまった。悔しいし、無力感も感じたが、培ってきたメンバー同士のつながりは、今までの年と比べても負けない」と話し、支えてくれた人たちへの感謝を込めて熱演することを誓った。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク