全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

レノファ山口の新社長に小山文彦さ

グータッチをする小山新社長(左)と河村前社長(維新みらいふスタジアムで)

 レノファ山口は15日、同日付で新社長に小山文彦さん(48)が就任したと発表した。前社長の河村孝さん(53)は今月末のJリーグ理事会後に、顧問に就任する見通し。

 同日開催した臨時の株主総会と取締役会で決めた。

 小山さんは周南市出身。山口大人文学部卒業後、東京都内で会社員として就職。2006年に都内でソフトウエア開発などを手掛けるゴーガを設立(後に売却)した。16年10月には地元周南市に企業コンサルティングなどを事業とする365yを立ち上げた。プレーヤーとしての経験はないが、長年レノファ山口のサポーターとして応援してきた。河村前社長とは、知人を介して知り合ったという。

 河村前社長は12年に監督に就任後、13年11月の株式会社設立に伴い、社長に就いた。その間、クラブは中国リーグからJFL、J3を経てJ2に昇格。売り上げや入場数も伸びていった。

 一方、新型コロナの影響で20年度は約1億3800万円の赤字を計上し、債務超過も約8800万円に上るなど、経営が悪化。Jリーグはクラブライセンス判定の財務基準における特例措置を、当初予定の21年度限りで終了するため、22年度からの2年間で経営の立て直しに成功しないと交付を受けられなくなる。

 維新みらいふスタジアムで開かれた会見で河村前社長は「本人の前向きさもあるが、クラブを愛していることが後任の決め手となった。経営手腕に期待したい」と述べた。サポーターに向けては「選手冥利(みょうり)につきる応援に感謝。今後もレノファカラーとして続けてほしい」とした。

 バトンを引き継いだ小山社長は「重要な役割を担うことへの責任は重大だが、山口で挑戦するきっかけにもなった」と話した。経営の立て直しについては「1社でも多くのパートナーを増やしたい。監督が取りたい選手を取れる環境をつくり、クラブ強化にも貢献していく」と意気込みを示した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク