全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野駅周辺 街中がアート空間

鳥の巣箱に見立てたアート作品が通りの木々に展示された「ギャラリー・バードハウス」

 八ケ岳JOMONライフフェスティバル・縄文アートプロジェクト2017が開催されている茅野市内で、全国各地から集まった作家の個性豊かな芸術作品が街中を彩っている。JR茅野駅から市役所までの通りでは、鳥の巣箱に見立てた作品を展示する「ギャラリー・バードハウス」、駅周辺の公共施設や協力店舗では、さまざまなジャンルの作品を気軽に楽しめる「まちの展」を開催中。街を歩く人たちは、自然にアートと触れ合っている。会期はいずれも22日まで。

 ギャラリー・バードハウスは、画家の小川格さん=同市豊平=の提案企画。「縄文の湧き上がる創造力に想いを馳せたアート」をコンセプトにし、鳥の巣箱に見立てた小箱にアートを詰め込んだ作品を公募した。街中の木々に飾り付ける野外展示企画だ。

 全国の作家30人から約70点の作品が寄せられた。市民館の中庭、同館から市役所まで続く道沿いで、作家が個々に気に入った場所の木を選び、作品を展示。芸術がいっぱいに詰め込まれた小箱は、見慣れた街の風景をアート空間へと変えている。

 「まちの展」は作家同士の交流やジャンルに捉われない展示を目的とし、3回目の開催。市民館をメイン会場に、ポータブルスペース「モチヨリチカバ」、駅周辺の書店や陶磁器店、時計店、カフェ、うなぎ料理店など11カ所(店舗は9店)に、絵画や写真、立体作品など、多彩なジャンルの大小さまざまな作品約200点を展示した。

 街中に溢れる作品は、作家が普段とは異なる作風やジャンルに意欲的にチャレンジした作品が多く、遊び心もあふれている。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク