全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖野営場

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事は初めてで、元請け会社の菱中建設などによると、キャンプ客が利用しやすいよう年内に南へ約120メートル動かす。来年3月下旬までに改修も終え、新たな管理棟として活用する。

旧キャンプセンターの曳家工事が本格化している支笏湖畔のモラップ野営場

 炊事棟やテントサイトを備える野営場の利用者にキャンプ機材を貸し出す同センターは、1997年にオープン。木造2階建て約215平方メートルで、売店機能も有したが利用が低迷しここ数年は事実上、閉鎖状態だった。

 当初は既存建物の南約120メートル先に管理棟を新設する計画だったが曳家工事に切り替え、改修した上、同建物にトイレを含めた機能を集約させることで廃棄物削減や木材の有効活用が可能で、コストも新築時より4割ほどカットできるという。

 同事務所の担当者は「環境負荷軽減に官民一体で取り組むことで、豊かな自然環境を次世代に引き継くことができる」と語る。

 総工費は約1億7200万円。曳家は専門業者、後藤曳家工業所(札幌)が手掛ける。

 総重量約70トンの建物は、レールに敷かれた複数のパイプ上を移動。建物に固定したワイヤを手動ウインチで引くと、ハンドル1回転ごとに3センチほど動く。1日8メートルを目標に3週間かけて目指す位置まで動かした後、内部改修に入る。10月6日に着工し、これまでに今月6日までに85メートル移動させたという。

 菱中建設の岡嶋昭宏工事長は、1906年の札幌市時計台や2015年の弘前城天守閣などの例を示し「貴重な文化財を移設する際の歴史ある工法」と説明。同工業所の後藤正賢工事部長は約70トンの木造建築物を100メートル以上動かす工事は「年に1度あるかないかの大事業」と話した。

 工事は、野営場施設全体の老朽化を受けた改修事業の一環。利便性向上へ動線の整理や旧管理棟のごみ庫への改修、電気自動車の駐車場整備なども行う。

 支笏湖モラップ野営場は21年度、新型コロナウイルスの影響で稼働日数が前年度比25日減の121日にとどまり、日帰り・宿泊の利用者数は同36・8%減の1万7248人だった。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク