全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スマホで年賀状づくり 個性的なはがき完成 波照間婦人会

スマホのアプリを使った年賀状作りを行った波照間婦人会の会員ら=9日、介護施設すむづれの家

 【波照間】波照間婦人会(前野ゆかり会長)教養部は9日、介護施設すむづれの家で田盛佳世部長を講師に「スマホのアプリで年賀状作りに挑戦!」と題し、講習会を行った。

 スマホを利用し各自でメールアドレスとパスワードを入力し、アプリをダウンロード。田盛部長がデザインを決めたり、写真・イラストを貼りつけたりする作業の流れをスクリーンミラーリング技術で説明した。

 会員全員、初めての挑戦で、写真の切り抜きや必要部分のトリミングなどを試行錯誤しながら、令和4年、干支の寅年に向けて個性的な年賀状を完成させた。

 印刷されたはがきを手に会員は「スマホでいろんなアプリを使って作れることを知り勉強になった」「デジタル化に弱いが、初めて年賀状を作ることができ、とても楽しい時間が過ごせた」「写真のトリミングを学べて良かった。人物を切り取ってデザインし、好きなスタンプを使って1枚の年賀はがきを作ることができて良かった」と、それぞれの家族や遠方に居る孫の写真入りの出来上がりを見せ合いながら、感想を述べた。

スマホのアプリを使い年賀状作りに取り組む波照間婦人会の会員ら=9日、介護施設すむづれの家

 講師の田盛部長は、「初めてスマホのアプリで年賀状に挑戦したが、皆さんの素朴な疑問が、私の糧となっている」と一日講師の器量をみせた。

 婦人会年間活動には、おしゃれなカゴづくりやマスコットづくり、11月には短時間でも中学生との交流を深めようとwithグラウンドゴルフを計画している。(波照間通信員)

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク