全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アートで白老の魅力発信 文化芸術プロジェクト開幕

白老町で15日、「白老文化芸術共創―ROOTS(ルーツ)&ARTS(アーツ)SHIRAOI」と銘打った文化芸術プロジェクトがスタートした。地元実行委員会などが主催し、アーティストが地域の自然や歴史、文化をモチーフに生み出した作品の展覧会、インターネットラジオ配信などを展開する。アートを通じ白老の魅力ある地域資源をアピールし、まちの活性化や観光振興を図る。

白老の森と川をイメージした磯崎道佳さんの造形作品

 主催者は白老文化観光推進実行委員会(会長・熊谷威二白老町商工会長)と文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会。日本の美や文化を世界に発信する「日本博」の一環で、作品展と音声コンテンツ配信(インターネットラジオ番組)のプログラムを用意した。

 作品展ではイラストレーターや彫刻家、詩人など道内外を活動拠点としたアーティスト6人が参加し、白老に根付く文化や人の営みをモチーフにした作品を6会場で披露する。後志管内ニセコ町の現代アート作家磯崎道佳さんは、大町商店街の貸事務所施設で「森の入口、森の出口、あるいはどちらでもない」と題した造形作品展を始めた。屋内に木の枝を張り巡らせ、白老の自然と人の関係性を表現した空間芸術で、15~17日と22~24日の日程を組んだ。

 北海道教育大学准教授の大西洋さん(イラストレーター)は、「炭素」をテーマに森の木々と人のつながりを表現した作品をブウベツの森キャンプ場で展示。相川みつぐさん(同)は、白老町史に残る「義経伝説」をテーマにしたテキスタイル(布地)作品を大町の旧創作一心で紹介している。吉田みなみさん(彫刻家)は「樽前のひと」と題した彫刻作品を旧社台小学校前庭に展示し、森迫暁夫さん(イラストレーター)は大町のカフェ結などでスケッチ作品を紹介。文月悠光さん(詩人)はしらおい創造空間「蔵」で、白老を代表する歌人満岡照子(1892~1966年)の短歌に触発されて制作した詩や映像を披露している。いずれの作品展の期間も11月7日までとした。

 音声コンテンツは白老発インターネットラジオ番組を配信するプログラム。町民がパーソナリティーとゲストで出演するミニ番組「レディオしらおい」とスペシャル版「ラジオウタリ」の2本立てで企画した。「ラジオウタリ」は、アイヌ民族のトンコリ奏者OKI(オキ)さんが司会進行役となり、今年度内に計3回の放送を予定。初回は11月12日、ラジオDJで音楽評論家のピーター・バラカンさんをゲストに招き、午後7時半からネットで生配信する。

 白老文化芸術共創の詳細はウェブサイト=https://www.shi-ra-oi.jp=か、駅北観光インフォメーションセンターなどで配布しているプログラムガイドで確認できる。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク