全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

96歳で初の個展 南画描き半世紀の山本さん

96歳で初めての個展を開く山本琴花さん(和歌山県田辺市高雄1丁目で)

 半世紀余りにわたって南画を描いてきた和歌山県田辺市高雄1丁目の山本茆子(雅号=山本琴花)さん(96)が16、17の両日、JR紀伊田辺駅前の田辺エンプラス(田辺市湊)で作品展を開く。個展を開くのは初めてといい「ささやかだが、これまでの学びの記録を皆さまに見ていただければ。人生最後の楽しみの一つ」と話している。
 山本さんが南画を描き始めたのは40代の初めごろ。知人に誘われて、上富田町在住だった南画家・稲田米花(1890~1985)の画室を訪ねたことがきっかけだった。
 「すーっとした筆運びの中に、色の濃淡があり、力がある。景色の中に点を一つ描くだけで、ものをいう」。その魅力に引かれ、志願して弟子入りした。
 家業だった時計店の仕事に加え、家事や子育てもこなしながら、墨絵の世界に没頭。南画の基本の題材である「四君子」(蘭、竹、菊、梅)を繰り返し描いた。
 日本南画院展では、入選6回、奨励賞2回。家族の介護などで筆を休める時期はあったが、現在まで描き続けてきた。
 「墨の難しさは限りない。絵を描き始めると、時間を忘れて夢中になってしまう」と山本さん。料理の合間に机に向かい、鍋を焦がしてしまったことがこれまで何度もあったと笑う。
 師匠が亡くなった年齢に並ぶようになったことで「先生に学んだ昔ながらの南画をいまの人たちにも見てほしい」という思いが湧くようになり、初めての個展を開くことになった。
 作品展には額装や掛け軸、色紙など約80点を出品する予定。体験コーナーも設けるという。「時代とともに、南画を目にする機会も少なくなった。手作りの展覧会だが、楽しんでいただければ」と話している。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク