全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食物アレルギー対応ツアー

石垣島で行われた食物アレルギーに対応したツアーで、昼食をとる参加者ら=2日午後、ビーチホテルサンシャイン石垣島

 食物アレルギーを持つ人とその家族を対象にした郡内初のツアー「JAL・JTAで行く、食物アレルギー対応ツアーin石垣島」が、1日から3日の2泊3日の日程で行われている。ツアー2日目の2日、参加した14家族36人は午前中に観光を楽しんだ後、宿泊先のビーチホテルサンシャイン石垣島(赤城陽子総支配人)へ戻り、アレルギー物質が取り除かれたホテルの昼食を思う存分に堪能した。  JALグループは、同様のツアーを2010年から行っており、県内では4回目。次に行きたい地に先島を挙げる参加者の声が多かったことから、郡内外の関係者の協力で実現した。  この日の昼食はビュッフェ形式で、サラダやパスタ、デザートなど10品以上が並んだ。全員で席につき、「いただきます!」と元気な声であいさつした子どもたちが一斉にごちそうを目掛けて列をつくった。  卵や小麦粉、牛乳などにアレルギーを持つ渡部浩成君(12)=新潟=は「空揚げ、パッションゼリー、刺し身」とおいしかったものを次々と挙げ、「イルカと触れ合って、川平湾や水牛車も楽しかった。海やプールで泳ぎたい」と満足げ。  小麦などのほかに、最近ナッツにもアレルギーが見つかったという飯田瑛介君(5)=栃木=は「(県産鶏の)空揚げをいっぱい食べた。イルカが楽しかった。また来たい」と、真っ赤に日焼けした顔をみせた。母親の路代さんは「外食も、(材料について)いちいち気にするとお店に申し訳なくて聞けない。幼稚園でも一人だけ弁当でみんなと違うのが当たり前。何も気にせずに周りと同じものを食べられてありがたい」とリラックスした表情で話した。  メニューの作成や調理を協力した八重山調理師会の川平展史会長は「『いただきます』の声を厨房(ちゅうぼう)で聞いて涙が出た。限られた食材で調理法を考えながら作ることができた。今後に生かしたい」と振り返った。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク