全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“映画の灯”再び 鶴岡まちキネプレ上映会 10月から3カ月週末中心に多彩な作品

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を交流スペースとして活用する計画に関し、運営を担う「山王まちづくり」(三浦新社長)が15日、プレ上映会を行うと発表した。10月15日から来年1月16日までの3カ月間、週末を中心に多彩な作品を上映する。閉館から約1年半ぶりに、鶴岡に〝映画の灯〟がともされる。

オープニングで上映される作品のポスター=旧鶴岡まちなかキネマ

 「新まちキネプレ上映」と銘打ち、毎週金曜―日曜と祝日、年末年始に開館。定員80人(キネマ3)と同40人(キネマ4)の2つのスクリーンで1日当たり各4―5本の作品を上映する。来年12月の本オープンに向け、アンケート調査などを通して市民需要を把握する機会にもつなげる考え。

 オープニング上映作品は、スタジオジブリのアニメーション「おもひでぽろぽろ」、鶴岡などの在来作物をテーマにしたドキュメンタリー「よみがえりのレシピ」、飛島を舞台にしたドキュメンタリー「島にて」、第44回日本アカデミー賞受賞作「ミッドナイト・スワン」の4本。2週間程度で入れ替え、幅広いジャンルの作品を上映していく方針。

 1作品の鑑賞料金は一般1700円、大学生1400円、3歳以上から小中高校・高専生1000円で、「シニア」「夫婦」など各種割引、スタンプ会員制も設ける。新まちキネを支える賛助会員の「まちキネファンクラブ」は入会金5000円で、有効期限1年間に1作品1000円で鑑賞できる。プレ上映期間の入会は期限を2年にする。

 運営は山王まちづくりが、市民有志による組織「新まちキネの運営を考える会」と連携して取り組む。山王まちづくり三浦社長らが旧まちキネで記者会見し、「プレ上映を通じて多くの市民から映画を楽しんでもらい、市民参画で来年12月の新まちキネオープンを迎えたい」と話した。

 旧まちキネの施設と土地は、鶴岡市社会福祉協議会(山木知也会長)が取得し、改修後に現在の市総合保健福祉センターにこ・ふるから事務局を移転する。来春からの工事を前に、「新まちキネ」として残されるスクリーンを使うプレ上映会が企画された。

プレ上映の発表会見で「多くの市民の参画を」と呼び掛けた山王まちづくり・三浦社長

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク