全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重山毎日新聞の記事一覧

八重山 観光で多言語意識向上

 【台北】研究者らが観光をグローバルな視点から分析する「観光コミュニケーション研究会」の会合が19日、台北市内の東呉大学で行われ、観光に関する人材育成などで石垣市と提携を結んでいる麗澤大学の山川和彦...

ふるさとの心謡う

 【東京】八重山古典音楽安室流保存会の創立60周年・玉代勢長傳生誕100周年・大濱賢扶生誕102年記念公演「ふるさとの心を謡う」八重山古典音楽安室流保存会関東支部主催がこのほど、東京国立博物館平成館で開か...

オオジャコの貝殻 ビックリ1メートル5センチ

 石垣市登野城で40年余り水上からホースで酸素をとりながら潜って漁をする「フーカー漁」をしている池田福清さん58が8日、オオジャコの貝殻を竹富島東の海域で引き上げた。殻長1メートル5センチと幼児がすっぽ...

郷里西表島の海に感動

 【西表】竹富町ダイビング組合斉藤幸平組合長は11日、大原中学校の3年生を対象に初めての体験ダイビングを行った。参加した男子4人、女子5人全員が初めてのダイビングで、生徒1人にインストラクターが1人つき...

動物ふれあいフォトコン 蛭田、當山さん最優秀賞 

 2017年度動物愛護キャンペーンに伴う第12回動物ふれあいフォトコンテスト八重山保健所主催の表彰式が12日午後、メイクマン石垣店で行われた。応募総数66作品の中から、最優秀賞にあたる八重山保健所長賞に蛭田...

心ひとつに旗頭制作 旧盆行事などで活用へ

 双葉青年会仲村幸樹会長がこのほど、旗頭を制作した。今後、豊年祭のオンプールで会場に飾ったり、旧盆の集落内道ジュネーの際に持っていったりして、活用していきたい考え。  仲村会長によると、青年会独自...

夢に挑戦する大切さ伝える

 世界に認められた県出身のマジシャンMASAさんが、八重山の子どもたちへ夢に挑戦する大切さを伝える「夢の種まきプロジェクト~MASAマジック小学校巡回事業」沖縄タイムス社主催を7日から3日間の日程で行ってい...

「西表島の大自然の生き物たち」を限定販売 日本郵便

 日本郵便株沖縄支社本間裕二支社長が1日から、西表島の亜熱帯ジャングルや希少動植物を題材としたオリジナルフレーム切手「西表島の大自然の生き物たち」の限定販売を開始している。6日午前、竹富町役場で贈呈...

友好都市らの来島歓迎 さらなる交流促進へ

 石垣島まつりへの参加で訪問している友好都市らの交流会「第53回石垣島まつり 友好都市稚内提携30周年記念 友好・親善・姉妹都市等歓迎交流会」石垣市主催が4日夕、市内のホテルで開かれ、関係者らの来島を...

働く両親に感謝

 平真小学校棚原広幸校長の6年生87人が2日、石垣市内で、保護者が働く畜産やサービス業など市内42カ所の職場を見学した。見学先での体験を通し、児童が働くことの喜びや厳しさを知り、毎日就労に励む親に対して...

陸前高田市の被災地視察

 【岩手県】石垣市の友好都市・北上市で行っている教育交流事業に参加している石垣市の中学生20人は10月31日、陸前高田市の被災地を視察したほか、体験講話を聞くなどして防災の大切さを学んだ。  この日は世...

SNSで八重山の魅力発信

 【台北】台湾最大の旅行イベント、台北国際旅博台湾観光協会主催、ITFが27日、台北世界貿易センターで開幕し、八重山ビジターズビューローYVB、高嶺良晴理事長もPRを行っている。SNSソーシャル・ネットワーキ...

ことしも奉納団派遣 東京竹富郷友会

 【東京】600年の歴史を持つ竹富島の一大行事種子取祭国の重要無形文化財に、ことしも東京竹富郷友会大谷喜久男会長は50人を派遣する。  奉納団派遣は、1975年に、過疎化が進み、最も力を必要とする幕舎張り...

百歳体操で交流

 大浜と川平地域で百歳体操に取り組む高齢者の交流会が26日、大浜公民館であり、64人が同体操や踊りなどで体を動かし、会話を楽しんだ。  大浜からカースンヤー会とおっかん家、川平から川平むりぶし会の会員...

ロケ地八重山をPR 東京国際見本市

 【東京】東京国際映画祭の併設マーケットでアジア最大級の国際コンテンツ見本市「Japan Contents Showcase2017」公益財団法人ユニジャパンなど主催が24日から3日間、池袋のサンシャインシティコンベンション...

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク