全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

乳幼児に「森の輪」 協力隊が加工、寄贈 池田

 池田町地域おこし協力隊で林業推進員の福家菜緒さん(34)と川瀬千尋さん(33)が16日、町保健センターを訪れ、地元の木材で作った木の玩具「森の輪(わっこ)」を乳幼児にプレゼントした。

(左から)タペストリーを手にする田村会長、森の輪を贈った川瀬さん、福家さん

 森の輪は、帯広大谷短期大学の専任講師だった馬場拓也さん(現・札幌大谷大学短期大学部講師)が考案した、直径8センチのドーナツ形の玩具。乳幼児期から木に親しんでもらおうと、「すくすく十勝応援プロジェクト」として十勝管内外の自治体で導入が広がり、池田町は2019年に採用した。

 今年度は25人分を用意するに当たり、福家さんら同協力隊4人が材料に使用する樹木の選定から伐採、加工まで担当。町有林のオオバボダイジュを活用した。

 この日、福家さんと川瀬さんが森の輪の製作過程をまとめた手作りのポスターを使って親子に説明し、14個を配った。最後に福家さんが「木に触れて大きく育って」と呼び掛けた。

 また、町更生保護女性会(田村友子会長、会員21人)の会員8人も駆け付け、布絵本とフェルトで作ったアンパンマンボールを4月生まれ以降の新生児に順次プレゼントするため同センターに預けたほか、2種類のタペストリー(縦51センチ×横67センチ)を寄贈した。田村会長は「子どもたちが健やかに育ってもらえれば」と願っていた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク