全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

永原選手 3連勝で決勝T TOKYO2020

女子ダブルス1次リーグでプレーする永原和可那(左)、松本麻佑組=27日(時事)

 東京五輪のバドミントン競技の日程が順調に進んでいる。27日は女子ダブルス・予選グループの全試合が終了し、芽室町出身の永原和可那選手(北都銀行-青森山田高、芽室中、芽室小出)・松本麻佑選手(北都銀行-とわの森三愛高出)が3戦全勝し、グループ首位で29日からの決勝トーナメント進出を決めた。コロナ禍で無観客という異例の大会ではあるが、長年夢に見てきた場。幼い頃からさまざまな壁を、永原選手は「強くなりたい」というぶれない信念で乗り越えてきた。「オリンピックという舞台を開催していただいたことに感謝している」と喜びを胸にコートに立っている。

 「努力すれば必ず結果が出るわけではないが、しないと絶対に結果は出ない」。永原選手は子どもの頃から常に自身の成長を追い求めてきた。

 小学2年の冬に芽室町バドミントン少年団に入団。5年生の終わりまでダブルスを組んでいた青木佑真(ゆま)さん(26)=帯広西小教諭=は、全国大会に出場する道内の選手を集めた強化練習会を今でも覚えている。実業団の選手が参加すると、臆することなく練習相手になろうと手を挙げた。「私たちは全道で最高成績は準優勝。決して1番の力ではなかった。男子も交じっていて、私は恥ずかしくて前に行けなかったが、和可那が引っ張ってくれた」と振り返る。

 全道で強豪校となっていた芽室中でも、その姿勢は変わらなかった。入学当時は中心選手ではなかったが、練習はあえて当時監督を務めていた澤田初穂さん(47)=帯広第四中教頭=の前のコートにいつも立った。「普通は指導され、叱られるので嫌がりますよね。それでも少しでも見てもらおう、力を付けようという気持ちが伝わってきた。強くなりたいから、私の目の前でしか練習しなかった」と笑う。

 中学2年時に青森山田高の練習に参加した。無名の存在だったが、同高の藤田真人監督は精神面と競技に向き合う永原選手の姿勢にひとめぼれした。同高や福島県の富岡高(現ふたば未来学園高)ら強豪校も加わった合同練習会にも、全く物おじしなかった。藤田監督は「何かを得てやろうとの気持ちを感じた。ぜひ欲しいと澤田監督にすぐ電話した」と懐かしそうに話す。

 翌中学3年時に全国中体連でベスト16の成績を残して入学。高校でも厳しい練習に明け暮れた。指導者が不在でも全く手を抜かず、「選手の中にもう1人監督がいるみたい。怒った記憶がほとんどない」(藤田監督)。絶大な信頼感を得て、副主将を務めた最終学年は全国高校総体(インターハイ)で個人戦ダブルスと団体戦の2冠を達成。自身初の日本一に輝いた。

 バドミントンを突き詰めてきた25歳。金メダルロードは道半ばで、厳しい戦いはまだ続く。永原選手は「相手も強くなっていく。会場にいない方々にも自分たちの試合を届けられるように頑張りたい」と表情を引き締めた。

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク