全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

送迎バス付きキャンプ場提言 公益大ボランティア「酒田おもてなし隊」「悠々の杜」活性化策まとめ発表

 酒田市山楯の里山「悠々の杜」の拠点施設「アイアイひらた」で18日、同市の東北公益文科大観光ボランティアサークル「酒田おもてなし隊」=須藤瞳隊長(21)、67人=が、悠々の杜一帯の活性化策について調査研究してきた成果を発表した。特に若い世代の利用促進を図ろうと、今春から3グループに分かれ検討を重ねてきたもので、送迎バス付きのキャンプ場など若者らしい斬新なアイデアを提言した。隊員たちは今後、関係者と共に可能なものから実践していく方針。

悠々の杜一帯の活性化について提言

 おもてなし隊は2014年6―9月に行われたJRの観光キャンペーン「山形デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、同DCを学生の立場から盛り上げようと結成。JR酒田駅に降り立つ観光客の歓迎をはじめ、自分たちで情報収集した庄内地域の観光情報の発信など多彩な活動に取り組んでいる。

 一方、悠々の杜は、アイアイひらた周辺に位置する市有地を中心とした広さ約7・4ヘクタールの里山。市民有志らで組織する悠々の杜推進協議会(会長・矢口明子副市長)が自然学習の場、憩いの場として保全。年間を通じ会員たちが下刈りなど整備している他、児童・生徒による森づくり体験、植樹、遊歩道整備など多彩な活動を展開している。

 「アフターコロナ」を見据えて今回、若者の認知度向上、特にファミリー層を中心としたファン開拓、温泉以外のコンテンツ開発など一帯の活性化に若者の視点を取り入れようと、協議会がおもてなし隊に協力を依頼。須藤隊長はじめ隊員たちは今年4月以降、▽アイアイアひらた館内▽土産売り場▽悠々の杜一帯―の3グループに分かれ、それぞれ現地を訪問したり、関係者から話を聞くなどした他、検討を重ね、このほど提言としてまとめた。

 発表会では、矢口副市長、遠山浩一JR酒田駅長、赤塚枝美東部中校長、旅行エージェントの代表らを前に、3グループがそれぞれ活性化に向けて提言。このうち悠々の杜一帯を考察したグループのテーマは「繋(つな)ぐキャンプ」。周辺を取り巻く現状を分析、生かすべき強みとして▽景観▽衛生面▽解放感―の3点、改善すべき弱みとして「山奥にあって車以外で行けない」を挙げた上で、送迎バス付きのキャンプ場としての活用を提案。従来のキャンプと差別を図るポイントとして、隊員たちは「基本的なキャンプ・遊び道具は貸し出し可能で、手ぶらで来てもらう。近くに温泉があるのは何よりも強み」と述べ、「悠々の杜・アイアイひらたと若者、自然、未来をつなげたい」と続けた。

 発表会終了後、須藤隊長は「おもてなし隊として活動してきた中で、このような機会は初めてだったので緊張した。自分なりの言葉でまとめることができて良かった」と活動を振り返り、「経験を今後の活動に役立てたい。まずは今回出した企画を実現させたい」と話した。隊員たちは今後、悠々の杜推進協議会、酒田観光戦略推進協議会と共に提言に磨きを掛け、可能なものから実践していくことにしている。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク