全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島の魅力体感、商品化へ 自然遺産見据え、旅行会社が現地視察ツアー 奄美大島

マングローブ原生林でカヌー体験を行ったツアーの参加者たち=15日、鹿児島県奄美市住用町

 世界自然遺産登録が確実視されている奄美大島にスポットを当てた旅行商品化を視野に、旅行会社の担当者が現地を視察するツアーが15日、始まった。県が企画して九州北部から4社が参加。16日まで同島に滞在し、自然や文化の体験活動を通して島の魅力を体感する。

 ツアーは県が実施する「旅行エージェント及びキャリア等現地調査事業」の一環。日本旅行、JTB、クラブツーリズム、JR九州から商品造成担当者各1人が参加した。

 一行は15日早朝、県本土からの定期船で奄美入り。奄美市住用町のマングローブ原生林でカヌー体験を行ったほか、瀬戸内町のホテルやヤドリ浜、ホノホシ海岸などを視察した。16日は同市名瀬の金作原国有林や大和村の国直集落、龍郷町の観光スポット・ハートロックなどを巡り、空路で福岡に帰る。

 県福岡事務所の朝倉里香観光振興課長は「福岡の人たちが持つ奄美のイメージはマリンレジャーや鶏飯が強い。実際に来て見て体験してもらうことで、奄美大島の本当の魅力を伝える商品造成につなげてもらえたら」と話した。

 ツアーに参加した日本旅行の徳山多恵子さん(41)は今回が6度目の来島。「世界自然遺産になる島なのでやはり一番の魅力は自然。人の温かさもアピールしたい魅力の一つ。奄美大島の素晴らしさを多くの人に伝える旅行商品を企画し、販売していきたい」と語った。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク