全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

在日外国人にも競輪を

初めての車券が的中し喜ぶ参加者=豊橋競輪場で

 近隣に住む外国人に競輪や選手の魅力を感じてもらい、来場者の増加につなげようと、豊橋競輪で25日、在日外国人向けモニターツアーが行われた。名古屋や岐阜、豊橋近郊から約50人の外国人が参加して、バックヤード見学や車券購入を体験した。  3回目となるツアーで、普段は入れないバックヤードを見学できるのは今回が初めて。フィリピンやブラジル出身などの参加者らは午前10時過ぎ、貸切バスや自家用車で同競輪場に到着し、選手宿舎やバンクに下りて走行トレーニングを間近に見学した。競輪用の自転車に試乗することもできた。  名古屋から夫や友達など5人で参加したフィリピン出身のアビーさんは、競輪のことは知らなかったが「面白そうだ」と思い自転車好きの友達を誘って参加した。選手宿舎など裏側が見られて興味深かったという。一緒に参加したアビーさんの夫とアメリカ出身の友達はバンクで試乗もし、「ブレーキがなくて少し怖いけど、とても速くて楽しかった」と話した。  参加者は記者席に移動し、元競輪選手の石川浩史さんから解説やレース予想を聞きながら車券購入を体験。初めて購入した車券で的中する参加者もいた。次のレースでは、予想を聞き、真剣にマークシートを塗りつぶす参加者の姿もあった。  豊橋市から参加した中国出身の女性は「なかなか経験できることではない。スポーツとして選手のトレーニングの説明も聞けたし、キャンブルもできて2つの楽しみ方ができた」と満足そうだった。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

ラグナシアプールに恐竜世界のジュラグーンオープン

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、プールエリアに新しいアトラクション「ジュラグーン」がオープンした。  恐竜や動物が集うジャングルをイメージ。大量の水が落ちてくる「水バケツ」など子どもから大人ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク