全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広=が企画し、衣装や新聞記事で58年を振り返るユニークな展示となっている。27日まで。

58年の歴史を伝える関連資料が並ぶ会場と力丸さん

 現在は十勝観光連盟が認定する青空レディは、1964(昭和39)年の「第1回帯広氷まつり」に合わせて選ばれた「ミス帯広」が前身。

 65年からはすずらん娘となり、観光PRの柱だった「とかちすずらんキャンペーン」の終了に伴い、95年から名称を変えた。ミス帯広は1代のみ、すずらん娘は30代続いた。青空レディは今年が27代目で、通算では58年の歴史がある。

 力丸さんは10、11代と2年連続で務め、その後はラジオパーソナリティーなどで活動した。コロナ禍で出番が激減した後輩たちを気に掛け、活動機会を探る中で、その歴史や役割を再認識したという。「単年の活動と見られがちだが、帯広・十勝に根付いて観光振興へ一緒に歩んできた存在」と話し、同記念館の助言や市図書館の協力を得て資料を集め、活動を知ってもらう展示を企画した。

当時の写真や制服などの資料も

 会場では、歴代のすずらん娘と青空レディを取り上げた新聞や雑誌記事をずらりと紹介。力丸さんが着用した夏と冬のコスチューム、就任時に受け取った認証盾などを並べた。知人で19代、20代青空レディの加藤かおりさん(帯広)も、平原まつりなどで着た浴衣を飾った。

 「ミス」の歴史を丹念に調べ、50年代に帯広で選ばれた「ミス選挙」などの存在も掘り出して紹介。コロナ禍のイベント中止などで今年も活躍の場は限られているが、力丸さんは「SNS(インターネット交流サイト)による発信などもしている。知恵を絞って、新しい時代に合った活動をしていってほしい」とエールを送る。観覧無料。開場は午前9時~午後5時。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク