全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

おいしく育って 能代市渟南小児童がナシの袋掛け体験

ナシの袋掛け作業を体験する児童

 能代市の食育・地産地消推進事業で、渟南小5年生50人が22日、同市出戸本町の果樹園でナシの袋掛け作業を体験した。秋においしいナシができるよう思いを込めながら、丁寧に袋を掛けた。
 子どもたちが生産者と交流し、地元の農業や食への理解を深めることが目的。20代からナシを栽培し、今は同市内の1・8㌶で作付けしている山田佳正さん(70)の果樹園「山千代」で、毎年袋掛けと収穫作業を提供している。
 袋掛けは病害虫被害や日焼けなどを防ぐための作業で、山田さんは「まだ実が小さいので難儀すると思うが、上手にやってください」とあいさつ。児童はナシを育てる喜びや苦労、同市のナシ栽培の始まり、出荷先などを質問し、山田さんは「おいしいと言ってくれる時が一番うれしい」、「能代のナシ栽培は明治時代からと聞いている」などと答えた。
 山田さんの手本を見た後、児童が袋掛けに挑戦。「幸水」の木になっている小さな実を探し、自分の名前を書いた袋を丁寧に掛けた。収穫は9月下旬ごろで、自分が袋掛けしたナシを取る。
 山須田徠斗君は「初めて袋掛けをしたけど、うまく掛けられたと思う。大きくておいしいナシに育ってほしい」と笑顔。山田さんは「子どもたちの体験を受け入れるのは楽しい。実がなるまで手を掛けなきゃいけないことを子どもたちに知ってもらいたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク