全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

故郷の南箕輪村にトーチ貸し出し 聖火ランナー森下さん

聖火リレーで使用したトーチを藤城栄文村長に手渡した森下美沙さん(左)

 子どもたちに夢を持ってもらいたい―。今月上旬に県内で行われた東京五輪の聖火リレーで、聖火ランナーを務めた森下(旧姓杉江)美沙さん(27)=東京都練馬区=が22日、リレーで使用したトーチを出身地の南箕輪村に貸し出した。借り受けた村は「紹介する形を整えたい」として、小中学生らに公開する予定だ。

 同村沢尻出身の森下さんは、2019年3月に難病の「ギランバレー症候群」を発症。1カ月を超える入院、リハビリを経て職場復帰を果たし、走れるまでに回復した。5歳からクラシックバレエを習い、中学、高校時代には並行して陸上にも取り組んでいたといい、「同じ病気で苦しんでいる人たちに勇気や元気を与え、健康やスポーツの大切さを知ってもらいたい」と聖火ランナーに応募した。

 新型コロナウイルスの影響で大会が1年延期となった間に、結婚と出産を経験。4月2日、木曽郡南木曽町で聖火ランナーの大役を務めた。里帰り出産で現在も村内の実家に滞在している森下さんは、今年1月に生まれた長男とともに来庁。「あっという間だったが、楽しく走れた。子どもたちに実際に触ってもらい、五輪への夢を持ってほしい」などと述べ、トーチを手渡した。受け取った藤城栄文村長は「五輪は世界的なイベント。子どもたちに夢を与える機会をいただき、大変ありがたい」と感謝を伝えた。

 森下さんは、トーチのほか聖火ランナーのユニホームも貸し出した。村は村内小中学校を巡回する形で児童生徒に見てもらうほか、村役場などへの展示も検討している。

関連記事

紀伊民報社

古民家のゲストハウス 梅の産地にオープン

 和歌山県みなべ町晩稲に古民家のゲストハウスがオープンした。日本最大級の観梅の名所「南部梅林」の近くにあり、観光客だけでなく、梅の収穫など援農者の利用も期待する。将来は農業などの体験も提供したい...

学生考案レシピを朝食で提供 新苫小牧プリンスホテル和

職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」2年生の田村朝華さん(20)が考案した「トマトのおかゆ」が、新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」の朝食メニューで提供されている。  野口観光...

荘内日報社

東北一広い市域 フィールド調査 東北大公共政策大学院 学生9人鶴岡市で活動 旧..

 東北大公共政策大学院(仙台市)修士1年の学生9人が4―6日の日程で鶴岡市を訪れ、旧町村部の地域振興に関する政策提言に向けたフィールド調査を行った。今後、政府機関や全国町村会事務局などにもヒアリングを行...

宇部日報社

県内60の〝校歌山〟を紹介 松永さん出版【宇部】

  宇部市野中5丁目の松永昌治さん(60)が、小・中・高校の校歌で歌われている山を紹介した「山口県の校歌山」(徨山舎)を出版した。60座を厳選し、特徴や登山ルートも掲載。市内では旧厚東中を含めて市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク