全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「奄美の自然の生命力描きたい」 画家・久保井さん、巨木大作に情熱注ぐ 奄美市名瀬

奄美の巨木を描いた大作「鼓動」の一部=14日、鹿児島県奄美市名瀬

 赤い大地に脈打つような無数の気根-。鹿児島県奄美市名瀬の画家・久保井博彦さん(73)が奄美の巨木を題材にした油彩の大作に挑戦している。「鼓動」をテーマに、F130号(194×162センチ)のキャンバス16枚を組み合わせた作品は幅約15・5メートル、高さ約3・2メートル。4年がかりで制作に打ち込み、今年夏にも完成を見込む。久保井さんは「奄美の自然の生命力のすごさを描きたい」と情熱を傾ける。

 久保井さんは武蔵野美術大学油絵実技専修科研究課程修了。家業の大島紬製造業の傍ら奄美の自然や人物をモチーフに描き続け、県内外の公募展や展示会で精力的に作品を発表している。2008年と10年にパリで個展を開催。日本美術家連盟、写実画壇会員。名瀬美術協会長。

久保井博彦さん

 巨木との出合いは学生だった1970年代。帰郷した奄美大島の海岸で、石垣に絡みつくように根を下ろすガジュマルに感銘を受けた。以来、デイゴやアコウ、オキナワウラジロガシなど、奄美各地の巨木を描いている。

 本作は16年2月に奄美市住用町の山奥で出合ったハマイヌビワの巨木が題材。奄美の妖怪ケンムンがすむといわれ、大地に下ろした無数の根の幅は10メートル以上。朱色で表現した奄美の大地に、褐色の根や幹が広がり、力強く地面に食い込む様子を重厚に描いた。

 17年夏に制作を始め、奄美市名瀬入舟町のビル1階にあるアトリエで毎日キャンバスに向かう。「迫力や臨場感を出すために、木と同じような大きさにしてみたい」(久保井さん)と挑戦した作品はこれまでで最大。全16枚のうち、現在は最後の1枚に取り組む。

 08年に心筋梗塞を患った。心臓から体内を巡る血液の流れを強く意識するようになり、巨木を描くテーマは「鼓動」になった。「大地に根を張って、水を吸って循環している。人間の体も同じ。生命には何でも鼓動がある」と久保井さん。「奄美の自然の生命力を感じて、人も元気が出ればいい」と笑顔を浮かべた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク