全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

『鮭(さけ)の聖地の物語』普及啓発に力【標津】

 

鮭の聖地メナシネットワークについて、昨年度の事業と今年度の事業予定を説明する小野学芸員

文化庁の「日本遺産」に昨年認定された「『鮭(さけ)の聖地の物語』~根室海峡一万年の道程~」について、根室管内4市町の連携協議会「鮭の聖地メナシネットワーク」(代表・山崎佳標津町教育長)は5日、町生涯学習センターで昨年度の事業成果と今年度の予定を発表した。コロナ禍が今年も継続すると見込み、集客よりも地域での機運を高める事業を主に、来年度以降の発信内容を充実させる。

 昨年度は専門のウェブサイトを制作し、PR用のデジタル動画(フル8分、短縮2分・15秒)、ポスター、リーフレット、標津遺跡群を紹介したパンフレットを外国人向けに英語でも用意したほか、ふるさと納税や各種寄付の返礼品を想定した鮭の聖地歴史地図も作製。これらは内閣府のアイヌ政策推進交付金を充て860万円を投じた。

 文化庁の文化芸術振興費補助金1190万円を充てたブラッシュアップ事業では、同遺産の歴史文化を体験できるよう、認定地域1市3町の見どころ調査を行い、6テーマ10パターンのモデルコースを造成。ガイド育成テキストを作った。  また、鮭の聖地普及開発を目的にデザインされたロゴは7件に採用された。

 今年度は地域向けの普及啓発に力を入れ、オンラインセミナーや巡回展など会場で展示物を見てもらうような企画を想定している。5月中旬以降に開く同協議会で最終決定する。  小野哲也学芸員は「調査で深掘りしたモデルコースを知ってもらうための新ツールを整備していきたい。動画などは町内に建設を予定しているサーモンハウスでも公開を検討していきたい」とした。  山崎教育長は「日本遺産は認定がゴールではなく、ストーリーを生かした地域づくりのスタート。きょうの報告は今後の地域に大いに役立つものになる」とあいさつした。 

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク