全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新たに枝豆 国際認証 帯広農業高、5品目も継続 「アジア GAP」

 農産物の生産工程管理に関する認証制度「ASIAGAP(アジアギャップ)」で、帯広農業高校(二木浩志校長)が2019年に取得した、小麦や長イモ、ジャガイモ、大豆、小豆の5品目で認証が継続されるとともに、新たに枝豆でも認証を取得した。同校農産物の安全性について国際基準での「お墨付き」が与えられた形となった。有効期間は23年2月4日までの2年間。

3年目となるアジアギャップの認証を取得した帯広農業高のギャップチームのメンバー

 アジアギャップは日本発の食品安全規格で、国際基準に基づき、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証。一般財団法人日本GAP協会(東京)が運営しており、「食品安全」「環境保全」「労働安全」「農場経営」「人権・福祉」「食品偽装対策」「食品防御」の観点から第三者機関の審査を受け、認証を取得する。

 同校では18年から認証取得に向けた取り組みを始め、農業科学科の生徒でチームをつくり、農場で作業を行う際のルール実践の徹底や見直しなどを行い、19年1月に5品目で認証を受けた。

 さらに今年度は枝豆での認証取得を目指すとともに、ギャップチームの体制も再構築。「小麦チーム」など作物ごとのチームに加え、全体の情報共有や作業進行を管理する「情報チーム」と施設の清掃や修繕などを担う「作業チーム」を設け、それぞれの役割を明確化して審査に臨んだ。

 審査は書類審査に加え、昨年11月には審査員が同校を訪れ、栽培ほ場や関連施設の審査が行われ、無事認証も取得し、同12月には1年間の取り組みを生徒に報告する会も開かれた。

 チームのチーフを務めた森谷大空(ひろたか)さん(3年)は「(アジアギャップは)自分が1年生の時に始まり、3年間やってきた取り組みで、自分の中では成功。同じくチーフの本多脩馬さん(同)は「取り組みを通してリーダーシップが得られたと思う」と、自身の成長を語るとともに、新たに活動の中心となる1、2年生にエールを送った。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク