全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島の魅力発信、伝承へ意欲新た ガイド育成でエコツアー実地研修 与論島

受講生が与論島の歴史や文化など地域の魅力を紹介したエコツアーガイド育成研修会=30日、鹿児島県与論町城

 奄美群島広域事務組合主催の2020年度エコツアーガイド初期段階育成研修が29、30の両日、鹿児島県与論島であった。島内の受講生10人が集落歩きのツアーを企画。与論町の立長、城集落周辺でツアー参加者計14人を案内した。城集落では、断層崖などダイナミックな自然の地形も生かした与論城跡周辺を歩いて回り、地域の歴史や文化、自然などの魅力に触れた。

 研修でのツアー企画はガイドの資質向上などが目的。両日は元長崎県立大学教授で奄美群島エコツーリズム推進協議会委員の西村千尋さん(56)が講師として同行した。

 受講生が企画したツアーは「みじらしゃ! 楽しいマルケーツアー」(立長)と「与論城から見る歴史と文化」(城)。29日は、「島人と学ぶ与論の行事食」をテーマに立長集落内を歩いた後、正月や祝いの席でふるまわれる伝統料理「みしじまい(炊き込みご飯)」などの紹介があった。

 30日は、600~500年前の琉球の王族が築城したとされる与論城跡周辺を中心に約2時間かけて散策した。集落歩きではフクギ並木などがある古道や、地下にある洞窟型の湧水地で町文化財の「屋川(ヤゴー)」などを見学。城跡周辺では高さ約60㍍の断層崖沿いの自然に囲まれた遊歩道でトレッキング(山歩き)も楽しんだ。

 受講生の松村和広さん(67)=与論町東区=は「自分のルーツを知りたいと受講した。与論島の歴史や文化を勉強して、ガイドとして島の子どもたちや来島者に伝えていきたい」と話した。

 奄美群島エコツアーガイド初期段階育成研修の今年度の申込者は奄美群島全体で78人、うち与論島は11人。実地研修は2月6日、喜界島である。

関連記事

荘内日報社

ゲームクリエーターの仕事って? 広野小

 子どもたちの職業観を養おうと酒田市の広野小学校(齋藤太校長)で26日、ゲームクリエーターの水越俊一さん(酒田エス・エー・エス開発部長)を講師に招いた、キャリア教育の授業が行われた。  この日は水...

実勝寺の「一世紀」刊行 芽室で開基100年

 芽室町内の日蓮宗本樹山実勝寺(東芽室南2線、内山智伸住職)が2020年に開基100年を迎えたことを記念し、「開基百年史 寶土(ほうど)」を刊行した。5年ほどかけて編さんしてきた同寺護持会元事務局...

宇部日報社

山口大医学部付属病院の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープン

 山口大医学部付属病院(杉野法広病院長、756床)の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープンする。外来診療棟玄関を入って左手奥の会計窓口横に新設。約100平方㍍と従来の3倍の広さになり、...

長野日報社

白樺湖畔に「森の美術館」オープン ペネロペ絵本原画展開催

池の平ホテル&リゾーツは28日、長野県茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖の湖畔エリアに「白樺リゾート森の美術館」をオープンする。世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館、蓼科テディベア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク