全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ふるさとの味で元気に 帰省できない県外学生支援 「つるおか食の応援便」4セット登場

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い年末年始の帰省への慎重な判断が求められる中、鶴岡市は地元の特産品を送って市出身の県外在住学生の生活を支援し励まそうと、「つるおか食の応援便」の事業に乗り出した。応援便は米や餅、レトルト総菜、菓子など1万円相当(送料込み)の食品を詰め合わせた4種類のセットを準備し、1つを選んでもらって宅配する。申し込みから到着までは10日程度を予定している。

 支給される食品セットは▽Aセット=はえぬき10キロ、パックライス、うどん(乾麺)、漬物、玉こんにゃく、果物ジュースなと▽Bセット=つや姫5キロ、餅、絹入りラーメン(乾麺)、しそ巻き、果物ジュース、米粉パンなど▽Cセット=つや姫・雪若丸各2キロ、パックライス、餅、山ぶどう果汁、ブルーベリージャム、そばかりんとうなど▽Dセット=つや姫2キロ、そば(乾麺)、芋煮レトルトパック、ブルーベリージュース、からからせんべい、鶴姫レッドメロンサンド―の内容。

 対象は1鶴岡市内の中学校を卒業212月1日現在、県外に居住し県外の大学、大学院、短大、専門学校などに学生として在籍3保護者が鶴岡市内に在住―の3つが条件。申し込みは鶴岡市電子申請フォームによる本人申請か、市広報1月号に同封するチラシによる書類申請がある。書類申請は保護者も申し込みでき、市地域振興課、各地域庁舎総務企画課へ提出する。いずれも学生証の写しを添付して申し込む。来年2月26日まで受け付ける。

 市は対象者のうち7割相当の1700人程度の申請を見込み、事業費1741万円を措置した。県外在住学生への生活応援は、忘・新年会の自粛なども含め消費が減退している地元農産物などの生産者支援にもつなげる。

 22日現在、電子申請を中心にすでに約250件の申し込みがある。市地域振興課は「申し込み時の3密を避けるため、市ホームページから、より簡単に申し込みできる電子申請への協力をお願いしている。地元に居る家族から本人に電話やメールなどで連絡してもらえれば」と話している。

鶴岡市出身の学生に送られる「つるおか食の応援便」のAセット(左上)、Bセット(左下)、Cセット(右上)、Dセット

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク