全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

一面の銀世界 スキー場オープン

 鶴岡市の羽黒山スキー場が19日、今シーズンの営業を始め、スキー場のロッジで安全祈願祭を行った。昨季は暖冬の影響で雪不足の状態が続いたが、今季はオープン時点で積雪85センチを記録。訪れたスキーヤーは潤沢に降り積もった雪の上に板を滑らせた。今シーズンの営業は2月28日まで。

 同スキー場によれば、コース全面が滑走可能の状態でオープン日を迎えたのは34年ぶり。およそ12月から3月上旬までのシーズン中、例年1万3000、4000人の来場があるといい、今年は羽黒山バイパスが全線開通したことで冬場の交通障害も解消され、交通アクセスの利便性も高まり、多くの人出が期待されている。

 同日の祈願祭には皆川治鶴岡市長をはじめとする関係者が参列。出羽三山神社の神職によって神事が執り行われ、皆川市長は「今年は羽黒山バイパスも開通し、市街地からぐっと近くなった。コロナウイルス感染症対策もしっかりしていただいているので、皆さんが安心してスキー場を利用できると思う」とあいさつした。神事を終えた後、定刻を迎えるとリフトが動き出し、地元スポーツ少年団を中心とした来場者は雪の感触などを確かめながらスキーやスノーボードを楽しんでいた。

 この日は同市の櫛引たらのきだいスキー場もオープンした。

34年ぶりにコース全面滑走可能の状態でオープン日を迎えた羽黒山スキー場

関連記事

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

夏風満帆、白熱レース 2年ぶりウインドサーフィン奄美大会

 ウインドサーフィンの国内大会「TSUKASA JAPAN CUP2022」(日本ウインドサーフィン協会主催)が24日、鹿児島県・奄美大島の龍郷町の倉崎海岸で開幕した。全国からプロ、アマ計70人...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク