全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

観光列車「銀河」が紀南へ

来年夏以降に紀南への運行が決まったJR西日本の観光列車「WEST EXPRESS 銀河」(鳥取県で)=JR西日本提供

 JR西日本は16日、観光特急列車「WEST EXPRESS(ウエスト エクスプレス)銀河」が、2021年夏から秋にかけ、和歌山県の紀南地方を運行すると発表した。区間は京都―新宮で、特急「くろしお」と同じルートを通る。

 銀河は6両編成で、途中停車駅で、地元の人から特産品を購入したり、イベントで歓迎を受けたりする観光列車。
 9月11日にデビューし、11月まで京都・大阪から山陰方面、12月から来年3月までは山陽方面を運行。定員に対する申し込みは8~10倍というほど人気があり、抽選して販売している。
 県と紀南7市町村が10月、紀南で運行されるよう、JR西日本和歌山支社に要望していた。
 京都―新宮のルートの京都発は夜行、新宮発は昼行で運行する。期間や時刻、運行本数、停車駅などは決まっていないが、現在は週2往復ほど運行し、複数の駅に停車。地元の人が特産品を販売したり、イベントをしたりして迎えている。京都―新宮のルートについても地元関係者と協議しながら、もてなしの内容を決定していきたいという。
 和歌山支社の冨本直樹支社長は「熊野古道や海、山、川の幸、温泉など、たくさんの魅力あふれる紀南を存分に楽しんでいただきたい。そして、リピーターになっていただけるよう、地元の皆さまと連携していく」とコメントした。
 県と紀南7市町村を代表して要望書を提出した新宮市の田岡実千年市長が「大変うれしい。当地方が誇る自然や文化、観光に対する取り組みが評価されたものだと感じている」とコメント。今後、関係市町村や県と受け入れのための協議会を設置し、観光素材作りなどに取り組むという。
 山陽方面への運行が終了した後の来年春ごろについては、京都・大阪―出雲市(島根県)を予定しているという。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク