全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅システムを後世へ PR動画を配信

「みなべ・田辺の梅システム」の世界農業遺産認定5周年を記念し15日から配信が始まったPR動画

 400年前から受け継がれてきた「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定され、15日で5周年を迎えた。和歌山県のみなべ町や田辺市、JAなどでつくる「みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会」はこの日、インターネットで動画配信を始めるとともに、庁舎に横断・懸垂幕を設置し、保全や継承に向けてアピールした。

 動画配信は、新型コロナ禍でシンポジウムなどの開催が厳しくなっている中、とりわけ若い世代にPRできればと企画した。
 テーマは「つなげよう!未来へのバトン!」。昨年度に「梅システムマイスター」に任命された神島高校(和歌山県田辺市文里2丁目)3年の中松來伽さんと井上実優さんがリポーターとなり、世界農業遺産のほか、地域の生産者や団体の活動を紹介する。インタビュー内容は高校生も考え、10月中頃から収録を開始した。
 15日に配信が始まった第1回は、世界農業遺産の紹介をはじめ、小谷芳正みなべ町長や真砂充敏田辺市長、仁坂吉伸知事から世界農業遺産にかける思いについて高校生2人が聞いた内容で、それぞれの動画時間は5分間ほど。
 第2回は25日から配信予定。梅農家と紀州備長炭の生産者がこだわりの技を語るほか、住民でつくる「まちキャンパスプロジェクト」チームが活動を紹介する。
 第3回は元日から配信予定。みなべ川森林組合による森保全の取り組み、若手農業者でつくる「みなべ梅郷クラブ」によるニホンミツバチを守るための活動を紹介する。
 その後も2週間ごとに新動画を配信し、来年3月末までに全14本を予定している。
 配信はみなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会のホームページで視聴できる。問い合わせは推進協議会事務局のみなべ町うめ課(0739・33・9310)へ。
 横断・懸垂幕は「祝5周年 世界農業遺産みなべ・田辺の梅システム」と書かれており、みなべ町と田辺市が各庁舎に設置した。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク