全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

心のかけはし夢フェスティバル

福祉施設のブースで買い物をする来場者ら=ここにこで

 豊橋市内の福祉施設で作っている製品を展示、販売する「心のかけはし夢フェスティバル」(東愛知新聞社など後援)が9日、同市こども未来館ここにこで行われ、買い物客ら多くの人でにぎわった。  豊橋南ライオンズクラブ(山内壱仁会長)が主催。55周年事業で始め、今年で4回目を迎えた。  施設では、身体や精神上の理由で仕事に就けない人たちが、自立に向けて企業の下請け作業、自主製品作りなどに取り組んでいるが、広く知られていないのが現状。販売機会も少なく、同クラブが支援の一つとして企画している。  施設側にも好評で、今回は27施設が出展。会場にはパンや小物、手作り菓子、野菜、鉢入り多肉植物など各施設自慢の品が並び、担当者が訪れた人たちに声を掛けたり、商品を説明したりした。  アクリルたわしなど毛糸・布製品などを販売した聴覚・ろう重複センター「そら」(小浜町)の利用者は「仲間が作った製品を知ってもらえ、買ってもらえればうれしく、自信になります。他の施設の製品を見る機会にもなります」と展示販売の機会に喜んだ。  豊橋南クラブは屋外でうどん、甘酒などのテントを出した。「ジャンケン大会」も開催し、勝った人には出展施設の製品を贈った。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク