全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

高校生が地産地消の弁当開発

商品をPRする生徒(アルク山口店で)

 山口市の中村女子高(岩崎稔生校長)の生徒が地産地消にこだわった「夏みかんと長州どり南蛮弁当」と「Wいもコロッケ」を開発。マルキュウグループのアルクで7、8の両日、販売された。8日は中央4丁目のアルク山口店で生徒たちが売り場に立ち商品をPRした。  調理科の全生徒が夏休みの課題で商品を考え、約100点の中からマルキュウと合同で2品を選び、1~3年生の有志15人が開発を進めた。  弁当はアルク全42店舗で販売され、コロッケは同店だけで扱った。夏みかんと長州どり南蛮弁当は、タルタルソースに萩産の夏みかんを使用し、果肉の爽やかさと酸味が効いた味わいが特徴。ジャガイモと紫イモを使ったWいもコロッケは、鹿野高原豚のミンチとベーコンを使用している。  山口店には開発に関わった2、3年生5人が訪れた。元気な声でお客を呼び込んだり、試食を勧めたりして商品をPRした。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク