全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

自分たちにできることは

お年寄りの体の不自由さを体験した

 鶴岡市の上郷小学校(松田裕可校長、児童94人)で8日、6年生を対象にした福祉学習が行われ、子どもたちが疑似体験キットでお年寄りの体の不自由さなどを体験し、自分たちにできることを考えた。

 高齢社会となる中で、子どもたちにも福祉について考えてもらい、心温かい地域づくりにつなげようと6年ほど前から実施。4年生は障害者福祉について学ぶ学習も行っている。

 この日は市健康課やボランティアセンター、包括支援センターなどから保健師ら5人が同校を訪れ、6年生20人が参加。最初にお年寄りについて考えてもらおうと、加齢によって起きる変化を子どもたちが発表。「物忘れがひどくなる」「疲れやすい」「耳が聞こえにくくなる」「骨折しやすい」などの意見が出された。

 その後、2グループに分かれ、膝や足、腕などに重しを着け、目にはゴーグル、耳にはヘッドホンを着けてお年寄りの体の不自由さを実際に体験。マットに寝て起き上がる動きをしたり、介添え役の児童から「左、左」などと言われながら階段を上り下りした。

 守屋昂祐君(12)は「腰とかが曲がりにくくて不自由だった。寝て起き上がるのが一番大変だった」と話した。14日には認知症サポーター養成講座も行う。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク