全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

安心して演奏を 管楽器奏者用フェースシールド 鶴岡高専と県内企業が共同開発

 新型コロナウイルスの影響で制限されている音楽家たちの活動再開につなげようと、鶴岡工業高等専門学校(高橋幸司校長)とプラスチック部品製造の最上世紀(尾花沢市、中西愛子社長)が、管楽器奏者用のフェースシールドを共同開発した。スリットから楽器の吹き口を差し込んで使用するタイプで顔を覆ったまま演奏できる。同社は11月上旬にも1セット2000円前後で販売を始める。

 完成発表会が21日、同校で開かれ、同校吹奏楽部に所属する2年・滝澤壮悦さん(17)と1年・高田遥菜さん(16)が、開発されたフェースシールドを着けてトランペットを演奏。「違和感なく吹くことができる」「安心して音楽を楽しめる」など評価した。

 開発は、同校創造工学科基盤教育グループの森木三穂助教が5月、知人で東京佼成ウインドオーケストラのオーボエ奏者・宮村和宏さんから相談を受けたのがきっかけ。同校が、昨年度に樹脂に関するワークショップを同社と共同で開いたつながりから協力を依頼し、共同で開発を進めた。

 視野を確保して楽譜が見やすいように、後頭部でシールドを固定する構造を採用。スリットが入る正面は軟らかい素材とし、スリットの位置を調整すればフルートなど横笛にも対応できる。製造は同校OBの阿部寛一同社開発課長(40)らが担った。

開発された管楽器奏者用フェースシールドを着けて演奏する鶴岡高専の学生

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク