全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

できた?!イナダの三枚下ろし 鶴中央高生 滝川さんとつみれ汁作り

 鶴岡市の鶴岡中央高校(遠田達浩校長)で15日、外部講師を招いた「かまぼこ製作実習」が行われた。家政科学系列食物系の3年生28人が、座学で地魚の魚種の豊富さや栄養価の高さを学んだほか、自分たちでイナダをさばき、つみれ汁に調理して食べた。

 15年ほど前から毎年3月、食物系の2年生を対象に、同市本町一丁目のかまぼこ店「竜泉・滝川」社長で、県庄内浜文化伝道師の滝川義朗さん(62)を講師に招き実施している。今回も当初は3月に予定していたが、新型コロナなどの影響で延期されていた。

 滝川さんはこの日、今年2月に同市の慶應義塾大先端生命科学研究所で成分分析した結果として「全国的に練り製品の主原料は輸入冷凍のスケソウダラだが、これに地魚(カナガシラ、アカラなど)を加えると、栄養価やうま味が格段にアップする」と解説。また、「庄内浜では約130種の魚介類が捕れるが、消費が減ったカナガシラなどは低価格で取引されている」などの現状を紹介。イナダをさばき、フードプロセッサーですり身にする見本を示した。

 生徒たちは4人ずつ7班に分かれ、各班でイナダ1本を三枚に下ろした。フードプロセッサーに身と塩、砂糖を入れてすり身にし、だし汁で豆腐、ネギと一緒に煮て、塩味のつみれ汁を完成させ、試食した。

 本間元大さん(17)は「魚をさばくのも、つみれを作るのも初めて。丁寧に教えてもらい、うまくできた。良い経験になった」と話した。滝川さんは「庄内浜の魚のおいしさに興味を持つきっかけになれば」と話した。

滝川さん(奥)の指導でイナダをさばく生徒たち

関連記事

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

荘内日報社

修学旅行先に 庄内・鶴岡アピール

 新型コロナウイルス感染症の影響で、東京などへ予定していた修学旅行を地方へ変更する動きが出ている。鶴岡市へも県内の内陸地方や東北各県から初めて修学旅行に訪れるケースが多く見られ、関係者は「多様な観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク