全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長谷さん森さん 全国最高賞 小・中学の毛筆部で書道コンクール 芽室

表彰式では最高賞を代表してスピーチにも臨んだ長谷さん(左)と賞状などを手に最高賞受賞に笑顔を見せる森さん

 「第51回全国書道コンクール」(国際書道協会主催)の毛筆部で、芽室町の長谷玲希さん(芽室小学校2年)と森夕茉さん(芽室中学校2年)が最高賞に選ばれた。学生の部では小・中学生の各学年から1人ずつしか選ばれない栄誉。2人は「結果を聞いてびっくりした」「驚きと感謝の気持ちでいっぱい」と受賞を喜んでいる。

 同コンクールは幼児、小学生、中学生、高校生、一般の各部門で行われ、上位には最高賞、特別賞、特選が贈られる。今年の出品総数は9412点。

代表スピーチも
 長谷さんは半紙いっぱいに「ゆみ」と書いた。月例の課題「ゆめ」を練習する中で「ゆ」をたくさん書き、筆運びが上達。指導する藤田杉影(本名澄子)さんと共に「ゆ」から始まる言葉を幾つか練習し、納得の作品が仕上がった。

 8月30日に札幌市教育文化会館で行われた表彰式では、学生の部の最高賞受賞者を代表してスピーチもした。

 書道を始めた理由や周囲への感謝を述べ、「緊張したけど言いたいことは言えた」と笑顔。藤田さんも「教室を20年くらい開いているが、スピーチは初めて。本当に素晴らしい」と目を細めた。

 長谷さんは「最近は漢字も書き始めた。今度は硬筆でも最高賞を取りたい」と意気込んでいる。

自宅でも練習
 森さんはかな書道で、俳人・日野草城の一句「をさなごの ひとさしゆびに かかるにじ」を題材に選んだ。森さんが小2の時から教えている伊藤淡遊(本名美恵子)さんは「普段から静かに黙々と書くタイプ」と話す。

 新型コロナウイルスの影響で教室が休みでも、森さんは自宅で練習を重ねていたという。

 かな書道は小学6年生から始めた。森さんは「運筆のリズム、線の流れを取るのが難しい」といい、「このような賞を頂けたのは丁寧に指導してくれる伊藤先生のおかげ」と感謝の気持ちを伝えた。「教室に通うのが楽しい。これからもずっと続けていきたい」と話す。

関連記事

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク