全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“友情の一射”力強く放つ リモートアーチェリー親善大会で交流

 鶴岡ホストタウン日本モルドバ・リモートアーチェリー親善大会が12日、鶴岡市と東欧モルドバ共和国の2カ所を結んで行われた。「KAKEHASHI2020」と副題が付いた大会は時差6時間の両国で同時進行で行われた。午後3時15分に小真木原南多目的広場で開会式が行われた。選手宣誓では小角知(おずみさとし)選手(鶴岡四中2年)が「コロナでできなかった練習もできるようになり、モルドバの皆さんとの友情を重ね、一射一射全力で射ることを誓います」と力強く語った。ワンテンポ置いて、午前9時15分に開会を迎えたモルドバの同年代14歳の女子選手アナスタシア・チェカノヴァさんが「スポーツ選手の名誉に懸けて戦うことを誓います。カケハシの大会が成功することを祈っています」と宣誓。森の中に青空が見える会場の様子に、大型モニターを見やった鶴岡の選手たちから拍手が湧き上がった。

 試合形式は高校生以上70メートル72射、中学生30メートル・18メートル72射で鶴岡では40人が参加した。

 大会開催のアイデアは7月下旬ごろに挙がった。大学などのオンライン授業で使われている1回で100人が加われるZoom配信に着目。「東京五輪は延期されたが、スポーツの新たな国際交流の形として“ありかもしれない”と思った」とホストタウン企業協賛会の武田啓之会長(59)=渡会電気土木社長=らが発案、モルドバの現地と何度もテスト交信し、大会当日を迎えた。

 目新しい取り組みに東京オリンピック・パラリンピック事務局も配信に参加、通訳らを含め16カ所が結ばれた。「こうしたリモート大会はポストコロナの一つの形になるかもしれない」と武田会長は各種スポーツの将来像としても語っていた。

 五輪候補の中村美樹選手もエキシビションマッチで現地の同じく五輪候補のアレクサンドラ・ミルカ選手とリモート対決。「結果よりも、気持ち的に良い刺激をもらいました」と歓迎の言葉を口にした。来年8月の東京五輪本番に向けモルドバは鶴岡市で事前合宿を行うことになっている。

鶴岡の小角選手が選手宣誓

モルドバのチェカノヴァ選手が画面を通じて宣誓した

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク