全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

手筒の花壇でまつり気分を

田原市中心部に鉢植え設置

 田原市中部市民館で29日、地元住民が伝統の手筒花火を活用した特製の鉢植えをつくり、中心市街地の沿道に設置した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今秋の田原祭りは神事のみに縮小され、参加者は「まつりの雰囲気が伝われば」と期待している。  昨秋のまつりで使った手筒花火をあらかじめ3本に切り分け、縄で組み合わせたものを鉢として用意した。  参加した11人はニチニチソウなどの花苗を植えて土をかぶせ、中部校区の「新町」「本町」「萱町」「巴江」の4町の紋章を付けて30セットをつくった。三河田原駅と田原城跡を結ぶ旧城下町の商店や民家の軒先に飾り付けた。 

 中部校区コミュニティ協議会をはじめ地元有志でつくる同校区景観まちづくり検討会と、まちづくり会社ボランティアの共同事業。市が中心街活性化策で城跡と城下町を結ぶ「歴史ウォーキング」の散策ルートを定め、景観づくりに鉢植え設置を企画した。来年度以降も続けて設置場所を増やしていくという。  同協議会の河辺暁雄会長(72)は「新型コロナのため田原祭りを公開できず残念だ。沈みがちな空気が広がるが、勇壮さが売り物の手筒の鉢植えでまつり気分を味わってほしい」と願った。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク